「重さ」によるIoT在庫管理の事例~工場・倉庫・小売業~

多くの在庫を抱える業態では、在庫管理の効率を改善することで、業務全体の効率も大幅に改善されるケースが多くあります。なかでも、IoT重量計は在庫の種類や形状を問わず導入できるため、非常に高い汎用性を誇ります。

今回は、「在庫の量・品目が多い工場と倉庫」「小売店のケース」について、IoT重量計が果たす役割や効果を解説します。

在庫管理IoTシステム「工場」の導入イメージ

工場が抱える、在庫管理の課題やIoT重量計導入により期待できる効果を解説します。

多くの工場が抱える人手不足の問題

慢性的な人手不足に、悩まれている工場は少なくありません。
人手が足りないため、在庫管理に割ける人的・時間的リソースが少なく、棚卸や受発注の業務が従業員の大きな負担となっています。
なかには、在庫管理の業務が長時間労働の原因となり、離職の遠因となっているケースも見られます。

また、限られた人員・時間の中で在庫管理を行うケースでは、ミスやずさんな管理も起こりやすいものです。欠品は、ラインの停止を招くリスクがあるため、あらかじめミスを想定して過剰在庫を抱えがちになっている工場は数多くあります。

重量計で素材や備品を管理

IoT重量計は、管理すべき在庫が多い工場に最適なソリューションです。
生産物の素材はもちろん、間接資材や仕掛品、メンテナンス用の部品など、工場内のあらゆる在庫を管理できるからです。

また、IoT重量計は置き場所を選ばない点も大きな魅力です。
たとえば、重量計を棚の上に置き、その上に在庫を置くようなケースや、重量計を複数床に並べ、その上に棚そのものを設置するケースなどが想定されます。

IoT重量計による在庫管理では、機器に接続されたデバイスで在庫を一元管理できます。IoTソリューションは、他にもいくつかあります。なかでも、重量計が優れている点は、把握が難しい細かな部品や備品も管理できる点です。

具体的には、ガムテープや段ボール、塗料、ネジ、釘、冷蔵室内の食材など、他のソリューションではわざわざ細かく管理しない在庫も容易に管理することができるのです。そのため、IoT重量計の導入によって、頻繁な棚卸や在庫の数え間違いが減る効果が期待できます。

業務の効率化が進み、従業員の負担が大きく減少することで、少ない人数でも操業に支障が出にくくなります。欠品のリスクも小さくなるため、適正在庫も実現されやすくなるでしょう。

在庫管理110番では、企業様の業務の負担を軽減してきた事例を多く持っています。これまで、企業様が抱えているさまざまな課題や問題に対応してきました。そのため、各企業様にあった最適な方法を迅速・丁寧にアドバイスすることができます。

在庫管理IoTシステム倉庫・卸売業の導入イメージ

在庫の管理量・品目が多い卸売業のケースについて、課題やIoT重量計導入により期待できる効果を解説します。

管理すべき在庫の数が多い卸売業

卸売業も工場と同様、人手不足が深刻です。倉庫や工場といった肉体労働の現場では、「仕事がキツイ」というイメージがあり、「人手がなかなか集まらない」という実情があります。しかし、人手が足りない一方、集荷依頼は依然として増え続けているため、需要が高い業種です。業務効率の改善が、近々の課題です。

倉庫では、量・品目共に膨大な在庫を適切にしなければなりません。そのため、どうしても在庫管理が煩雑になってしまい、人海戦術に頼りがちです。なかには、在庫の種類が多すぎて、ベテラン従業員しか正しく把握してできていないケースも見られます。

また、急な集荷依頼に備え、在庫を多く抱える倉庫も少なくありません。適正在庫の実現も克服したい課題です。

在庫の種類に関係なく正しく管理

IoT重量計の使い方は、卸売業でも工場の場合と同じです。棚や床などに設置し、その上に在庫を載せるだけという非常にシンプルな方法です。

IoT重量計の長所は、在庫の形状を問わない点です。通常の在庫以外にも、段ボールやテープ、発泡スチロールなどの梱包資材、液体の在庫、粉末状の在庫なども容易に管理できます。

また、IoT技術により、遠隔管理も可能なシステムもあります。顧客の元にある倉庫に重量計を設置することで、在庫を遠隔監視するのです。さらに、置き場を選ばない重量計は、配送車両の中に設置することもできます。

IoT重量計では、在庫をデバイスで一元管理できるようになるため、人海戦術を用いた在庫管理の解消が期待されます。頻繁な棚卸や在庫の数え間違いが減り、時間や人件費の節約につながります。

在庫は「見える化」されるため、膨大な商品数を持つ卸売り商品に詳しいベテランに頼らずとも誰でも正しく在庫を管理・把握できるようにもなるでしょう。在庫量が一目でわかるようになると、在庫量の減少に気が付きやすくなるため、欠品を恐れなくなり適正在庫も実現されます。

在庫管理システム「小売業」の導入イメージ

在庫管理が重要な業種といえば、小売業です。ここでは、小売業が抱える課題やIoT重量計導入により期待できる効果を解説します。

適正在庫と棚卸の負担減が課題

小売業の場合、他の業種に比べて適正在庫をシビアに保たなければなりません。なぜなら、他の業種に比べて利益率が低いことが多いためです。たとえば、食料品スーパーの場合、過剰在庫を抱えることによる大量廃棄は死活問題です。また、商品数が多い大型店舗の場合、1回あたりの棚卸に莫大な時間と人手が必要です。

適正在庫を保つことで、欠品による販売機会の喪失や廃棄ロス、棚卸の負担が軽減されます。

スピーディな在庫の把握で適正在庫を維持

小売店の場合、IoT重量計はバックヤードに設置されることが多いです。また、レジ周りの消耗品や包装用の備品管理にも利用できます。さらには、店頭であってもお客さまの目につきにくい場所であれば、どこでも設置が可能です。

在庫量は、デバイスの管理画面から一目で把握できます。在庫量の確認がスピーディなため、限られた人員でも適正在庫を保ちやすくなります。商品の数や種類が多い店舗の場合、IoT重量計で管理する在庫点数を増やせば増やすだけ、棚卸の負担を減らすことができるでしょう。

在庫管理システムの導入なら瀬戸内scm株式会社まで!

企業によって最適な在庫管理システムは異なるのが一般的です。そのため、まずは自社の状況を客観的に診断することが大切です。

自社でそれらの作業を行うことは容易ではないため、プロの視点から現状を評価してもらうことが現実的といえます。なぜなら、自社に合わないシステムを導入すると「社員が使いこなせない」「効果が出ない」といったリスクがあるためです。なかには、費用をかけてまでシステムを導入しなくてもよいケースさえあります。

そのため、まずは在庫管理とシステムの両方に詳しい専門家に相談をしましょう。瀬戸内scm株式会社は、実績豊富な在庫管理のプロです。在庫管理コンサルタントも行っているため、在庫管理システムの導入でお困りの方は、一度ご相談ください。貴社に最適な提案をいたします。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入してみたいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

*まとめ 在庫の量・品目ともに多い工場や倉庫、小売業の場合、在庫管理に関する業務が大きな足枷になっているケースが多くあります。そのため、あらゆる在庫に対応できるIoT重量計を導入することで、生産性を大幅に向上させることが期待できます。 少子高齢化が加速して人材不足が加速する昨今、業務効率の改善はぜひとも取り組みたいテーマです。瀬戸内scm株式会社は、在庫管理を行うプロです。各企業様にあった最適な方法をご提案することができます。お困りごとがあれば、お気軽に相談ください。