滞留在庫を抱えない対策を取って在庫管理の簡素化を図る方法

製造業や卸売業の業種では、生産や販売のために常に一定量の在庫が必要です。
そのため、製造業や卸売業が経営を維持させるためには滞留在庫を出さないことがとるべき施策です。

万が一、滞留在庫を抱えてしまった場合は、計画外のコスト
が掛かってしまうことを念頭におくべきです。

ここでは、滞留在庫の抱え込みがもたらす危険性と
滞留在庫を抱えないための対策についてお伝えします。

滞留在庫の抱え込みがもたらす危険性

在庫管理の環境を見直す際、滞留在庫の抱え込みがもたらす危険性について
理解を深めておくと、問題点を早く見つけられます。

想定外の管理コストが必要となる

滞留在庫を抱えてしまった場合、在庫の管理や保管に要するコストを負担しなければけません。たとえば、保管倉庫を運用するうえでの維持費や賃料、光熱費、固定資産税などの運用コストです。また、商品に付保する保険料などの費用も余分に必要になります。

また、倉庫作業員の雇用など、倉庫を運用に必要な人件費も余分に負担しなければなりません。さらに、盗難被害の発生リスクを解消させるため、防犯カメラの設置や警備員の配置といった安全対策コストが必要になるケースもあります。

自社倉庫を利用せずに、委託先の倉庫に在庫の保管を依頼している場合、
多額の保管料がかかる危険性も十分に考えられます。
このような余分維持費がかかることから、滞留在庫は倉庫の運用に
必要なコストを、増大させてしまうリスクが高いといえます。

キャッシュフローが悪化する

キャッシュフローが悪化してしまうことも、
滞留在庫の抱え込みがもたらす危険性のひとつです。

たとえば、商品を仕入れる際に必要なコストとして、仕入れ先への代金があげられます。しかし、商品が売れなければ、仕入れ代金の回収が見込めません。

さらに、売れ残った商品が滞留在庫となったことにより、キャッシュフローが悪化してしまううえ、会社の資金繰りが厳しくなる危険性も十分に考えられるのです。

資金繰りやキャッシュフローの悪化は、経営状態が落ち込むリスクを伴います。そのため、滞留在庫を早期に発見し、削減を心がけることが重要です。

滞留在庫に対して、「まだ売れる可能性がある」あるいは「いつか処分しよう」
と考えながら、対応のタイミングを逃していないでしょうか?

さらに滞留在庫を放置しておくと、残った商品の劣化の進行や流行遅れになって
しまい、対処できない状態まで悪化してしまうと最悪です。

在庫管理110番では、以上のようなトラブルを回避するために、「滞留在庫の対策」について企業様からの相談を承っています。
滞留在庫の処分を検討されている経営者や在庫管理担当者の方は、在庫管理110番の「もったいないマッチング」の利用をぜひ、ご検討ください。

滞留在庫を抱えないための対策

一定量の在庫保管が必要となる製造業や卸売業では、
在庫管理が十分でないと滞留在庫の抱え込みにつながります。

前述のとおり、滞留在庫の抱え込みは管理コスト、資金繰りの面で経営に
悪影響を与えます。
このような事態を回避するためには、
滞留在庫を抱えないように対策を練ることが重要です。

在庫の出入り状況を正確に把握しておく

滞留在庫を抱えないための対策のひとつに、
在庫の出入り状況を正確に把握しておくことが大切です。
つまり入出庫、在庫移動の記録です。
在庫の出入り状況を把握するために、「5W1H」項目をチェックしましょう。
■「5W1H」のチェックポイント

  • 何を
  • だれが
  • いつ
  • どこに
  • どのような理由で

5W1Hの項目をチェックすれば保管状態や移動履歴、持ち出し理由などの
在庫状況を正確に把握・管理できます。
手作業などのアナログで管理するのは大変ですし抜け・漏れが起こりやすい
ので、在庫管理システムの導入をお勧めします。

徹底した在庫管理によって、在庫の流れを客観的につかめます。
客観的なデータで、商品の売れ行きや適切な仕入れ数量などの情報把握と、在庫の減り具合や高止まりが可視化され、滞留在庫を抱え込むリスクを軽減できます。

常に、一定量の在庫を必要とする製造業や卸売業には、放っておくと在庫の保管量が多くなる傾向があります。在庫が増えれば在庫管理も煩雑になる傾向にあります。
そのため、特に以下のポイントが忘れられがちなので注意を払って重点的に管理できる体制を整備しましょう。

‐社内間の在庫移動
‐在庫の勝手な持ち出し

在庫管理110番では、在庫の入出庫の仕組みづくりについて相談を承っています。企業の導入事例を取り入れながら、在庫管理システムの導入や在庫状況の把握に関する見直しなど、具体的な対策や改善方法を提案します。

在庫回転日数の向上を図る

在庫の滞留度を測るときに、在庫回転日数が最も有効な指標です。
在庫回転日数が短い日数であるほど、保管在庫の消化・販売のスピード
が早いということになります。

そのため、滞留在庫の抱え込みリスクを解消するためにも、在庫回転日数を高めることが必要不可欠です。

一方で、在庫回転を高められたとしても、仕入れが間に合わず
商品が欠品状態に陥ってしまう恐れも十分に考えられます。

このような事態を回避するためにも、商品の動向や売れ行きを徹底的に管理するとともに、何日くらいで仕入れることが可能なのか?(発注リードタイム)の把握を徹底して、慎重な仕入れを心がけが必要です。

滞留在庫を抱え込まないための対策について興味のある方は在庫管理110番まで

滞留在庫を抱え込まないための対策に興味のある方、滞留在庫に関する対策を取り入れてみたいけれど、実際に何から手を着ければよいのかわからないというときは、在庫管理110番にお気軽にお問い合わせください。