在庫管理の3ステップ

3ステップ在庫管理改善

在庫管理110番が提案する在庫管理改善は、3ステップです。
工場では、在庫削減活動が頻繁に行われていますが、
たいていの場合、プロジェクトが終わった直後から
元に戻りはじめ、ついには在庫削減活動の前の状態に逆戻りします。
これは、地固めをせず場当たり的な削減活動を行ったからです。

地固めせずに行う安易な在庫削減活動は時間のムダです。

なぜ在庫削減活動は失敗するのか?

現場は目標達成のためだけに、一時的にその場しのぎの
在庫削減を行います。
その場を取り繕うことだけを考えているので、
当然すぐに元通りになります。

3ステップ在庫管理改善とは?

庫管理110番が提案する3ステップ在庫管理は、
石を一つずつ積み上げて、崩れにくい石垣を作るように
改善活動を進めて行きます。
基礎からしっかりと地固めしながら積みあげるので、
元通りになく、改善することができます。

在庫管理110番の3ステップ在庫管理の概略は
以下の図の通りです。
それぞれの段階に指針となるような大きなテーマを
儲け、それを達成するための方策を挙げました。
さらに、直接作業部門と間接作業部門のやるべきことをまとめて取り組みやすくしました。

3ステップ在庫管理

ステップ1、現状在庫管理

何が、どこに、いくつ、どんな状態で在庫として
存在してるのか今の状態を知る
そして、「今の状態を知る」ために、「在庫を正しく扱う」こと
が必要です。なければいけません。

在庫管理に悩んでいる多くの工場は、

在庫がどれだけあって、
在庫をどのように扱えばいいのか

が分かっていないことがほとんどです。

まずは、現在庫量の把握や2Sの推進を通して、
在庫の扱い方を学び、在庫の今の状態がすぐに
わかる環境を作ります。

以下のような活動を推進します。

  1. 現在庫量の把握
  2. 2S(整理・整頓)の推進
  3. 入庫・出庫管理の開始

現状在庫管理

現状在庫管理で現場を整える

現状在庫管理でデータを整える

直接作業部門は、自分の作業や工程の前後はよく見えますが、
それ以外のところはよくわかりません。
間接作業部門は、作業場所が固定されていないので、全体を
見ることができます。

ステップ2、適正在庫管理

次は、在庫量を適正に保ちます。
ポイントは在庫量のメリハリをつけること
です。

多くの工場は、過剰な在庫を抱えている一方で、
欠品が生じ生産に支障をきたしています。

なぜ、欠品が起こるのか?

それは、在庫の持ち方に問題があります。

単純に在庫を減らすのではなく、

必要なものは在庫を持ち、
不要なものは在庫を徹底的に減らします。

そして、在庫が多い・少ないを判断するための
基準を設定します。

基準を設定すれば、基準を元に判断することが
できるようになるため、在庫管理にかかる工数
を減らせるようになります。

以下のような活動を推進します。

  1. 過去実績の分析
  2. 基準の設定
  3. 基準の維持改善
  4. 需要予測
  5. 仕入先・販売先との交渉
  6. パート・アルバイトの活用

在庫110番は、現状在庫管理を土台とした適正在庫管理
特に重視しています。

なぜなら、誰も工場にとって適正な在庫を知らないからです。
適正在庫を知れば、基準値に合わせて在庫量を調整することが
できるようになります。

適正在庫管理で基準を作ることの重要性

基準がなければ、在庫が多いか少ないかの判断は感覚に頼ること
になるので、管理者や担当者が変わってしまうと、個人の判断や
考え方によって勝手に変えられてしまうので、結局在庫が安定し
ません。

基準を作れば、会社としての方針を統一することができます。
基準があれば、在庫が多いか少ないかの判断は誰にでもできるよ
うになり、基準よりも多ければ在庫を減らし、基準よりも少なけ
れば、在庫を増やすことができるので、基準を維持するための素
早い意思決定が可能になります。

適正在庫管理で在庫にメリハリをつける

必要な在庫は持ち、不要な在庫は少なくする
在庫管理と在庫の持ち方にメリハリをつけます。

適正在庫の基準は、会社のものづくりの考え方や在庫の持ち方
よって違ってきます。たとえば、トヨタは在庫を極限まで減らす
ことが基準ですが、アマゾンの場合は、たくさんの在庫をもって、
顧客のどんな要望にも応えることが在庫の基準です。

もちろん、アマゾンも必要以上に在庫を持っているわけではなく、
最小限必要な在庫を持って在庫管理をしています。

在庫管理は会社の方針

会社の方針(販売や生産の戦略)が適正在庫を決める重要な要素
です。適正在庫を割り出すためには製品の生産量、調達部品の発
リードタイム製造リードタイムなど様々な数値が必要になる
ので、現状在庫管理で取り組んだ情報の記録が役に立ちます。

在庫管理は、熟練した社員しかできないようであれば
意味がありません。
日常管理やデータ入力、発注作業はパートやアルバイトに任せられる
仕組みを整えることが重要です。

適正在庫の基準は維持・改善する

生産状況は日々変化しています。
一度決めた、基準もずっと機能するとは限りません。

現状在庫管理で構築したデータ収集の仕組みを生かし、
需要の動き、在庫の動きを常にチェックして基準の見直し
をフレキシブルに行います。

問題は生産現場で起こる

生産現場は、問題を見つけられる最前線にいます。
在庫が多いな・・・と感じたらすぐに連絡しましょう。
現場の小さな発見が大きな改善につながることがあります。

今までは、作れるだけ作るというのが当たり前だったかも
しれません。自分の作業、自分がいる工程のことだけを考えて
入ればよかったかもしれません。

適正在庫管理をするうえで、自分の都合だけを考えるのは、
仕掛品を増やしたり、無駄な欠品を発生させる原因になります。

そのために生産現場は、自分の受け持つ工程だけではなく、
前工程と後工程にも注意を払い、作業を進めます。

ステップ3、在庫削減

在庫管理110番の在庫管理活動は、適正在庫管理の延長線上で、
適正在庫で決めた基準を引き下げるというのがテーマです。

在庫基準の引き下げは、製造部や購買部だけでは達成することが
できない非常に重い課題です。
経営者が決断をして、全社で取り組み、
社員が一丸となって新しい考え方に取り組むのが在庫削減活動です。

在庫削減活動では制約を少なくすることが課題です。
主な方策は、以下の3点によって構成されています。

  1. 製造リードタイムの短縮
  2. 部品点数の削減
  3. 需要予測の精度アップ

不良在庫を減らし利益が出る会社を作るために

在庫管理は100社あれば100通り。
他社の話を聞いても、「うちの会社とは違う」と
思うのは当然です。

自社に合った在庫管理をやるためには、
基礎的な考え方・知識をしっかりと理解して、
自社に応用する力を身につけなければいけません。

在庫管理110番は「強い工場」作りを
支援するための在庫管理講座を開講しています。

在庫管理とは何か?
という根本に徹底的にこだわった内容で、
参加者からはシンプルで分かりやすいと
好評をいただいています。

関連ページ