在庫管理システムの多くは、システム開発会社によって販売されています。

プロのエンジニアがプログラミングした専門システムです。導入実績・事例を見て、魅力的に感じる商品もあるでしょう。

しかし、ここで在庫管理のプロの立場から、少し辛口の意見を述べておきます。

在庫管理システムの開発者は、在庫管理を経験したことが無く現場を知りません。

彼らの言う「改善」は本からの知識の受け売りです。実際の経験は全くと言っていいほどありません。

その結果、極めて「理想的なシステム」を作ります。

このような在庫管理システムを導入した企業から「こんなはずじゃなかった・・・」という後悔の声が集まっています。

プログラミング面や機能性に優れたシステムが、そのまま現場で通用するわけではないのです。

そこで在庫管理システムの開発会社の注意点と、正しい選び方をお伝えします。

厳しい表現も多くなりますが、今は事実を包み隠さず語ります。

システム会社はシステム開発が仕事

当初、理想的だと思い在庫管理システムを導入したにも関わらず、なぜ、上記のような失敗が起こってしまうのでしょうか?

システム会社は、あくまでも「在庫管理システムを開発するスペシャリスト」だからです。
あなたの会社の仕事を完璧に理解しているわけではありません。

パッケージソフトであれば機能の範囲内の事しかできません。

オーダーメイドソフトであっても、あなたから指示されたことしかできません。

パッケージ・オーダーメイドソフトの違い

製造業でよくあるのは、MRPが必要でない規模の会社にも関わらず、「MRPをまわしてください」というのです。
これはシステムを動かすためだけのことであり、必ずしもあなたの会社のメリットになるかどうかは別問題です。

「在庫管理システムは導入したら、システム会社の勝ち!」

システム開発会社がサポートできるのは、システムの動かし方のみです。

仕事に支障が出ているとかは、彼らには一切関係無く、「機能に無いのでできません、業務を改善して下さい」と言うだけです。

彼らの言う業務改善は、「システムに仕事を合わせること」です。

なぜなら、合せてくれないとシステムがキチンと動かず都合が悪いからです。

自社にオリジナルのノウハウがあり、それが競争の源泉になっていたとすれば、それを殺してしまい競争力を削ぐ原因にもなりかねません。

(ただし「業務特化型」のパッケージシステムであれば、業務をスリム化させることができます。)

システム開発会社が持っている知識は、全て知識のみ。
在庫管理の現場を経験したことが無いことがほとんどありません。システムに合せるように言うしかできないのは、仕方ないのです。

在庫管理システムの中には、現場経験が豊富な在庫管理のプロが考案した商品もあります。

その1つが『在庫管理110番』が提供する「成長する在庫管理」です。

残念ながら、開発会社が手がけたような豊富な機能はありません。必要最低限の機能のみです。

しかし「仕事にシステムを合わせること」ができる、まさに現場で使える在庫管理システムです。

「時代の流れで在庫管理システムを活用した方が良さそう」では、ただ導入して終了となってしまいます。

「在庫管理業務を見える化させ、現場を改善していきたい」という方は、ぜひ専門家による在庫管理システムをご活用ください。

「在庫管理システム」の導入事例

成長する在庫管理

成長する在庫管理システム

企画・開発のコンセプトは、
導入した企業が後悔しない本当に役立つシステム

在庫管理システムを導入した企業の約75%が不満を持っています。
この現状を変えるために開発したのが、成長する在庫管理システムです。

在庫管理のことを知り尽くした専門家が企画しました。
現場での使いやすさを第一に考え、直感的で分かりやすく誰にでも使えます。

在庫管理の教科書(絶対にシステム導入を成功させるためには)

在庫管理の教科書05-システム導入を成功させる

在庫管理システムの関連記事

【在庫管理システム導入】

【在庫管理システムで実現きること】

【在庫管理システムのコスト】

【在庫管理システムの選び方】

【在庫管理システムの導入手順】

【在庫管理システムの維持管理方法】