在庫管理でキャッシュフロー悪化を改善

在庫管理によってキャッシュフロー悪化を改善し、経営状態を立て直す

日本国内には、さまざまな業種が存在しています。なかでも、製造業や卸売業は、一定量の在庫数の保管が必要である業種です。
製造業や卸売業においては、在庫管理のキャッシュフローを安定させることが、
経営の安定、経営リスクの回避につながります。

ここでは、

  • 在庫管理のキャッシュフローが悪化する要因
  • 在庫管理のキャッシュフロー悪化に関する3つの対策

在庫管理のキャッシュフローが悪化する要因

これまで経営が順調だった企業でも、在庫管理がうまくいかず
キャッシュフローが悪化すると、経営難に陥る可能性が出てきます。

自社の、在庫管理のキャッシュフローが悪化する要因を把握して、
改善に導く対策を取り入れることが大切です。

要因1:過剰在庫の抱え込み

在庫管理によってキャッシュフローが悪化する要因のひとつとして、
過剰在庫の抱え込みが大きく関係しています。
過剰在庫とは、売れる見込みのない在庫のことを指します。
在庫はお金そのものですから、過剰在庫として滞留することで
お金が会社に滞留してしまいます。

商品の仕入れや保管を実施する場合、仕入れ代金や倉庫保管料、保管倉庫までの輸送コストなどの経費が必要になってきます。一般的に在庫にかかる経費は、在庫金額の約15%
です。在庫を保管し続ける以上、保管場所も管理も必要なので、経費として資金は流出し続けます。

保管倉庫に過剰在庫が残っている場合、

仕入れ先などの各業者へ支払いが済んでいるが商品代金の回収見込みが立っていないということになります。

そのため、過剰在庫の在庫数が増加すると、資金の滞留+資金の流出で在庫管理のキャッシュフローが悪化するスピードを早めてしまうことになるのです。

以上の理由から、過剰在庫は早急に削減させることが重要です。

在庫管理110番では、「過剰在庫の抱え込みの改善」について、相談を承っています。企業様の在庫状況を踏まえて、過剰在庫の抱え込み対策方法や在庫管理体制の改善方法などを分かりやすくアドバイスします。

要因2:販売価格と仕入れコストのバランスが取れていない

販売価格と仕入れコストのバランスが取れていないと、キャッシュフローが悪化します。

たとえば、毎月の売上額や利益額よりも仕入れコストの方が上回っている場合、商品の販売数が増加するにつれて赤字額が増大します。

在庫管理によってキャッシュフローを改善させるためには、販売価格と仕入れコストの見直しを実施することが大切です。

販売価格の見直し

販売価格と仕入れにかかるコストのバランスを整えるには、販売価格の見直しを実施しましょう。

商品の仕入れコストには、商品代金や倉庫保管料、倉庫の運営費用、納品先までの輸送コストなどの経費が含まれます。

したがって、仕入れにかかるすべてのコストを考慮したうえで、販売価格を決定しなければなりません。万が一、販売価格と仕入れコストのバランスが取れていないことが原因で、赤字計上が続いている場合は、販売先への価格交渉を実施する必要があります。

仕入れ価格の見直し

販売価格の見直しを行う一方で、仕入れ価格の見直しも行ってみましょう。
仕入れ先に対して商品価格の値引き交渉を行うことで、販売価格と仕入れコストのバランスを調整することができます。

しかし、仕入れ先に商品価格の値引き交渉を提案した際、仕入れ先から「商品価格を値引きする代わりに仕入れ量を増やしてほしい」といった要求を受けるケースも多くあります。
言われるがまま仕入れ量を増やしてしまうと、過剰在庫の抱え込みリスクを高める危険性があります。そのため、「仕入れ価格の値引き幅」と「仕入れ量の増大幅」のバランスに十分注意しながら、仕入れ先と価格交渉を進めていくことが重要です。

在庫によるキャッシュフロー悪化に関する3つの対策

在庫管理によってキャッシュフローを改善させることで、
業績向上や経営状態の回復などの効果を得ることが可能です。

ここでは、「在庫によるキャッシュフロー悪化に関する対策」を3つ紹介します。

過剰在庫の早期発見と削減

在庫によるキャッシュフロー悪化に関する対策として、過剰在庫の早期発見と削減を心がけることが大切です。前述の要因1:過剰在庫の抱え込みで解説したとおり、過剰在庫を抱え込むことは、在庫管理のキャッシュフロー悪化につながります。

また、過剰在庫を長期的に保管することは、保管料や倉庫運営コストなどの固定費用を高額化させてしまう恐れがあります。保管料や倉庫運営コストなどの固定費用は、月単位で発生し続ける経費です。

万が一、過剰在庫の存在に気付いていない場合、保管料や倉庫運営コストなどの必要経費が知らない間に増大している可能性もあります。(在庫の経費は、在庫金額の15%)

また、保管料や倉庫運営コストなどの増大は、在庫管理のキャッシュフローの悪化を招いてしまい、さらに経営状態にも悪影響を及ぼしかねません。

在庫管理のキャッシュフロー悪化や経営状態の圧迫などを回避するためにも、まずは、過剰在庫の早期発見を徹底することが重要です。

過剰在庫の早期発見には、在庫管理システムの導入が有効です。
在庫管理システムによって、過剰在庫の予兆を検知してひどくなる前に
対策を打てます。

すでに過剰在庫が発生している場合は処分しなければいけません。
しかし、すでに売り先が見つからない、売れないという状態ではないでしょうか?
捨てるのではなく、1円でもお金に換えたい・・・というのが本音だと思います。

そこで、在庫管理110番では「もったいないマッチング」という過剰在庫を処分する
サービスを提供しています。
「もったいないマッチング」では過剰在庫を抱える企業様に買取業者を紹介します。
企業様が抱える過剰在庫の買取条件にもっとも適合した買取業者を選定します。

また、「一般消費者への販売や同業他社への販売・告知を避けたい」などの希望販路やNG販路がある場合は、あらかじめ在庫管理110番にご相談ください。

商品の仕入れ数量を見直す

在庫管理のキャッシュフロー悪化を解消させるためには、商品の仕入れ数量を見直すことが大切です。商品の仕入れ数量を増加させることは、過剰在庫の抱え込みリスクを高めることにつながります。過剰在庫の抱え込みは、在庫管理のキャッシュフローを悪化させる要因となります。
ロットは古い見積もりや現場無視で決められていることも多く、交渉すれば案外すんなり仕入れロットを減らしてもらえることもあります。
その逆で、上述の「要因2:販売価格と仕入れコストのバランスが取れていない」で述べたとおり、仕入れ先への価格交渉時に、仕入れ数量の大幅増加を要求されるケースもあります。

そのため、仕入れ先との価格交渉を実施する際は、仕入れ数量の増加率を踏まえて、慎重に交渉を進めていかなければなりません。

しかし、うまくいかない場合は、仕入れ価格の少し上げるのも一つの手段です(仕入れ価格の見直しと矛盾しますが)。もちろんキャッシュフローとの見極めが必要です。安く多く仕入れても廃却してしまえば、結局高く仕入れたのと同じです。キャッシュフローとのバランスで、どこまで価格を上げても良いかを予め調べておいて、思い切って仕入れ価格を上げることも視野に入れると良いでしょう。

以上の理由から、在庫管理のキャッシュフローの悪化を回避するためにも、「商品の売れ行きやトレンドの把握」「仕入れ先との価格交渉を慎重に進める」などのポイントを徹底しましょう。そのうえで、商品の仕入れ数量を最適化することが重要です。

在庫保管体制の見直し

在庫保管体制の見直しを実施することで、在庫管理のキャッシュフローの悪化を解消させることができます。

たとえば、自社倉庫を所有している場合、倉庫内の設備費用や光熱費、人件費などの運営経費が必要です。なかでも、人件費は、倉庫運営コスト全体の半分以上を占めているケースが多くあります。

そのため、作業分析を行って無駄がないかどうかを確認しましょう。
適切な人員配置の徹底を実施したうえで、人件費の削減を図ることが、在庫管理のキャッシュフロー改善につながるのです。

また、在庫保管量が増えることにより、人件費や倉庫スペースの拡張工事費用などといった経費が増大する可能性もあります。在庫保管に必要な経費が増大することは、在庫管理のキャッシュフローを悪化させる要因になりかねません。

そのため、自社の事業規模や今後の事業展開を考慮したうえで、適正在庫を見極めることが大切です。

h2>在庫管理のキャッシュフロー悪化に興味のある方はこちらへ</h2>

在庫管理のキャッシュフローが悪化する要因について興味のある方、在庫管理のキャッシュフロー悪化を解消させたいと考えているけれど、実際に「何から手を着ければよいのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。