整頓は、5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・躾)のうちの1つです。

5S活動の中でも、「整理・整頓」は2Sと呼ばれており、製造業における基本中の基本。

そもそも整頓とは必要なものを必要な時にすぐに取り出せる状態にする」ことです。安全性や生産性を上げることを目的としています。

そのために重要なのは、「置き場を決めること」です。
単に置き場を決めるのではなく、入社1日目の社員やアルバイトでも迷わずに取りに行けるという状態を目指します。

このような状態にするために必要なことは、マップ(工場や倉庫、棚番)や表示の整備です。

具体的な整頓の進め方を解説していきます。

【関連記事】

整頓は3定に基づいて行う

整頓は、3定に基づいて行います。

3定とは(定品・定位・定量)のことです。

  • 定品
    決まった物を置く
  • 定位
    決まった場所に置く
  • 定量
    決まった量だけ置く

3定を念頭に入れて、
取り出すことを考えて、「安全に、時間をかける
ことなく効率よく在庫が取り出せるか」が置き場を決めるポイントです。

ロケーション管理

ロケーション管理とは、物の置き方です。

  • 固定ロケーション
    決まった物を決まった場所に置く
  • フリーロケーション
    空いたスペースに物を置く

フリーロケーションは難易度が高いのでまずは
固定ロケーションをお勧めします。

☞ロケーション管理

整頓のポイント

  • 在庫ランク(整理で決めた事)
    流動在庫は取り出しやすい場所に置きます。
  • 重さや大きさ
    在庫に合った置き場を準備し、あまり高く積み過ぎたりしない。
  • 移動距離
    保管場所と使用する場所が近いほうが効率が良くなります。

自分で学ぶ

在庫管理110番では、あなたご自身で在庫管理の基本を
学べるようい在庫管理の教科書というオリジナル教材を作りました。

在庫管理の教科書は、次の全4巻です。

  1. 在庫管理を知る(在庫管理の概要が学べます)
  2. 現品管理(3Sや整理・整頓が学べます)
  3. データ管理(エクセルやデータ処理が学べます)
  4. 棚卸し(作業を短縮し、在庫精度を高める方法が分かります)

在庫管理に必要な基本を全て詰め込みました。
現場ですぐに使える実践テクニックが満載です。

特に整頓は第2巻(現品管理)が詳しいのでお勧めです。

一度話を在庫管理アドバイザーから聞いてみたい

在庫管理110番では、定期的にセミナーを開催しています。
実際の事例に基づいた内容で分かりやすいと好評です。

なお、在庫管理セミナーに参加いただいた方には、2つの特典があります。

  1. 経費15%削減在庫管理術【基礎知識編】(書籍)を漏れなくプレゼント
  2. 希望者の方に個別相談を実施しています。

話が聞けて本がもらえて、直接相談もできる。
セミナーは満足度が高いと評価を頂いています。

ある程度継続的に教えてもらいたい

在庫管理担当者は孤独です。
在庫管理改善支援センターは、真面目に頑張る在庫管理
担当者の為に、在庫管理実践会を立ち上げました。

在庫管理担当者が悩む3つの無いを解消します。

  1. 相談する場が無い
  2. 交流の場が無い
  3. 情報を得る場が無い

在庫管理実践会の詳細はこちら
通常は高額な継続サポートを個人限定の低価格で受けられます。

直接相談したい

在庫管理アドバイザーに直接相談ができます。
これでスムーズに改善を進めた人もたくさんいます。
ただし、人気のサービスなので月間4名様までで予約制です。
気になったら、すぐにご連絡をください。




バナー_まずはこちらへ