第2次申請分(締切日6/13)受付中。※応募多数の場合は募集を打ち切りますのでご注意ください

キャッシュフローを改善して経営悪化を早期解消する方法

常に一定量の在庫保管が必要となる卸売業や製造業の企業では、
徹底した在庫管理を行うことが必要です。

しかし、なかには十分な在庫管理体制が整っていない企業も多くあります。
在庫は売上のために必ず必要ですが、在庫管理体制が整備されていないと、過剰在庫に陥り、キャッシュフローの悪化や経営圧迫を引き起こす原因につながります。

ここでは、

  • 在庫管理によってキャッシュフローが悪化する原因
  • 在庫管理によるキャッシュフローを改善させる3つの方法
    について紹介します。

在庫管理のキャッシュフローが悪化する原因

在庫管理の不備によってキャッシュフローが悪化すると、
経営状態が圧迫して倒産の危機を招く恐れがあります。

そのため、在庫管理によるキャッシュフロー悪化を引き起こす
原因を把握したうえで、早急に対策を練ることが重要です。

原因1:急激な売り上げの増加

在庫管理のキャッシュフローが悪化する原因は、販売先への急激な売り上げ
の増加が大きく関係しています。

売り上げが増加すると、仕入れも増えて支払いが増えます。
また、在庫の保管や輸送にかかるコストも増加します。しかし、販売先からの入金方法を売掛としている場合、商品代金を受け取れるのは1カ月あるいは数カ月以上先となります。

売り上げ入金を待たずに先に支払いが発生すると、一時的に資金不足の状態に
なり、キャッシュフローのバランスが崩れて悪化してしまうのです。

さらに、急激な売り上げの増加は、利益がでているにも関わらず現金が無いため、
いわゆる黒字倒産のリスクを高めてしまう危険性があります。

キャッシュフローの悪化や黒字倒産リスクを解消させるためにも、
綿密な商品の仕入れと販売計画を練りましょう。
さらに、計画がうまくいったかどうかを確かめる実績の管理(予実管理)
をすることが大切です。
残念なことに、仕入れっぱなしの企業が多いため、気づいた時には過剰在庫、
資金不足という状態に陥ってしまいます。

在庫管理110番では、「急激な売り上げ増加によるキャッシュフローの悪化」について、相談を承っています。企業様の商品販売状況や仕入先・販売先との掛取引状況などを考慮したうえで、企業様にとって最適な商品の仕入れ・販売計画を提案します。

原因2:過剰在庫の抱え込み

過剰在庫を抱え込む=資金の滞留、すなわちキャッシュフローの悪化につながります。
過剰在庫とは、仕入れすぎて売れる計画のない在庫(いつか売れるという在庫も過剰在庫の一部です)のことを指します。

商品の仕入れや保管を行う際には、仕入れ商品の代金や保管料、保管倉庫までの輸送コストなどの経費が必要です。過剰在庫として、保管倉庫に残っているということは、仕入れ先業者や下請け業者への支払いのみが済んでいる状態です。
また、過剰在庫を持ち続ける限り、保管コストはかかり続けます。
一般的に、保管コストは在庫金額の約15%です。

つまり、必要経費を支払っているにもかからず、商品代金の回収見込みが立っていないということになります。回収見込みが立ってないうえに過剰在庫の保管量が増加すると、経費が掛かり続けるため、経営状態にも悪影響を与えます。
資金不足+資金流出のダブルパンチです。

以上の理由から、在庫管理によるキャッシュフローを改善させるためにも、
過剰在庫の早期削減を徹底することが必要不可欠です。

キャッシュフローを改善する3つの方法

キャッシュフローを改善させることにより、企業業績の向上や経営圧迫の解消を促進させることが可能となります。

ここでは、在庫管理のキャッシュフローを改善させる方法について3つ紹介します。

キャッシュフローの改善方法1:売掛請求期間の交渉

在庫管理のキャッシュフローを改善させるためにも、販売先に対して売掛請求期間の交渉を実施することが大切です。売掛請求期間を短いスパンに変更してもらうことにより、商品仕入れに必要となるコストの支払い期限と販売先との売掛請求期間のバランスを整えることができます。

仕入れコストの支払い期限と販売先との売掛請求期間のバランスを整えることで、資金運用の効率化を図ることが可能となるうえ、キャッシュフローの改善にもつながります。

売掛請求期間の交渉は、販売先との信頼関係が築けていれば、トラブルなく交渉を成立させることが可能です。しかし、販売先との信頼関係が十分に築けていない場合、販売先に悪いイメージを与える恐れや今後の取引が停止になる危険性もあります。

そのため、売掛請求期間の交渉を行う際は、販売先との信頼関係レベルを見極めたうえで、慎重に交渉を進めていくことが重要です。

必要に応じて売掛金額を割り引くのも一つの戦略です。
これを実施する場合は、事前にシュミレーションを行って、
どれくらい割り引けるかを見積もっておきましょう。

キャッシュフローの改善方法2:買掛支払い期限の見直し

買掛支払い期限を見直すことは、在庫管理のキャッシュフロー改善につながります。仕入先との買掛支払い期限をできる限り引き延ばすことで、販売先と自社の間で契約している商品代金回収期間とのバランスを整えることが可能です。

買掛支払い期限と商品代金回収期間のバランスを整えることにより、各業者への必要経費の支払いが済んでいるにも関わらず、商品代金の回収日程が数か月後になってしまう状態を回避させることができます。

また、前述のような状態を回避することで、資金回転率を向上させることが可能となるうえ、キャッシュフローの劇的な改善にもつながります。

以上の理由から、在庫管理のキャッシュフローを改善させるためにも、仕入先との買掛支払い期限を見直すことが重要です。

また、仕入先に買掛支払い期限の交渉を持ち掛ける行為は、販売先に売掛請求期間の見直しを提案する場合と比べて、スムーズに交渉を進めることが可能となります。

キャッシュフローの改善方法3:過剰在庫の削減

過剰在庫の削減を実施することにより、在庫管理のキャッシュフローを改善させることが可能です。上述の原因2:過剰在庫の抱え込みで解説したとおり、過剰在庫を抱え込むことは、在庫管理のキャッシュフローを悪化させる原因のひとつになります。

過剰在庫の早期削減が、在庫管理のキャッシュフローを改善させることにつながるのです。
しかし、過剰在庫となっている商品は、売り先が見つからない、見つけられないといった状況ではないでしょうか?
在庫管理110番では「もったいないマッチング」という、過剰在庫を抱える企業様に買取業者を紹介するサービスがあります。企業様が抱える過剰在庫の買取条件に合せて最適な買取業者を選定します。

買取業者を選定する場合、企業様の希望販路やNG販路があれば「在庫管理110番」へあらかじめご相談ください。

在庫管理によるキャッシュフロー改善に興味のある方はこちらへ

在庫管理のキャッシュフロー改善に興味のある方、具体的なキャッシュフロー改善方法を取り入れてみたいと考えているけれど、実際に「何から手を着ければよいのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

在庫管理でキャッシュフローを改善する