第2次申請分(締切日6/13)受付中。※応募多数の場合は募集を打ち切りますのでご注意ください

小規模事業者持続化補助金で在庫管理システム

小規模事業者持続化補助金で在庫管理システムを導入する

小規模事業者持続化補助金とは?

持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組みや、あわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するのが目的の補助金です。

補助額

費用の2/3を補助し、上限額は最大50万円です。
例えば、30万円のシステムを導入した場合、補助額はシステム代金の2/3なので20万円となります。75万円の費用だと、50万円の補助がうけられます。
仮に、80万円だった場合は、そのうちの75万円が補助対象になります。

上限額を100万円にする方法

市区町村による創業支援等事業の支援を受けた事業者は、補助上限額が100万円になります。詳しくは、市町村にといあわせていただくかこちらをご覧ください。

補助対象者

補助対象者は小規模事業者に限られています。

  • 従業員数20名以下・・・製造業、宿泊業、サービス業(宿泊業、娯楽業)
  • 従業員数5名以下・・・上記以外の業種

補助を受けるために何をすればよいのか?

小規模事業者持続化補助金で必要なのは、計画の作成や取り組み内容を書類に書かなければいけません。
具体的には、経営計画と補助事業計画の作成です。

経営計画

  1. 企業概要
  2. 顧客ニーズと市場の動向
  3. 自社や自社の提供する商品・サービスの強み
  4. 経営方針・目標と今後のプラン

補助事業計画

  1. 販路開拓(生産性向上)の取り組み内容
  2. 業務効率化(生産性向上)の取り組み内容
  3. 補助事業の効果(1と2がどのように生産性向上につながるのか?)

これらの作成は一人でやる必要はありません。
上記を、商工会議所の助言を受けて作成することになっています。

在庫管理を販路開拓の取り組みに活用する

在庫管理システムは、業務効率アップのイメージが強いのではないでしょうか?
実は在庫管理は、販路開拓にも効果があります。

日々、キチンと入出庫をしていれば、データが蓄積します。
蓄積したデータを分析することで、顧客のニーズや新たな客層が
客観的に見えてきます。

また、システムを導入することでリアルタイムで在庫が把握
できるようになります。これが実現すればこれまでは倉庫に
行かなければ在庫が分からない状態だったのが、画面をみるだけで
在庫数が分かるようになり、顧客を待たせずに対応できるようになります。

加点項目

小規模事業者持続化補助金には、採択されやすくなる加点項目というものがあります。
公募要項に記載されています。
端的にまとめると、

  • 補助事業完了後に従業員の給与を増加させる
  • 最低賃金の引上げ
  • 事業継承
  • 経営力向上計画の認定
  • 地域未来牽引企業の認定

また、現在はコロナウイルスの影響を受けている
場合は、加点対象になります。

このほかに、採択率を上げるポイントは
次の通りです。

  • 自社の強みを適切に把握しているか
  • 市場性の特性を踏まえているか
  • IT活用
  • 事業費の計上などが明確か?

専門家による補助

弊社では、補助金専門の中小企業診断士と提携しています。
採択される自信が無い、考える時間を少しでも減らしたいという方は、
有料ですが専門家による補助を受けられるのもよいでしょう。

補助金を使って成長する在庫管理システムを導入しませんか?

弊社の在庫管理システム「成長する在庫管理システム」を補助金を
使って導入しませんか?
詳しくはお問い合わせください。

【無料】補助金を使って在庫管理システムを導入したい