【今期最終】第9次申請分(申請締切日12/22)受付中。

在庫管理アプリのメリット・デメリットを解説!選び方やアプリも紹介

在庫管理に関して現状の方法では負担が大きい、入力や管理が面倒といった悩みを抱えているのではないでしょうか。在庫管理は、商品の売れ行き把握やニーズに応えるために重要ですが、手間もかかります。

 

そこでこの記事では、在庫管理を効率的に行えるアプリを7つに絞って紹介。メリット・デメリットや選び方も紹介するので、在庫管理アプリについて詳しくわかります。ぜひ最後までご覧ください。

在庫管理アプリとは

在庫管理アプリとは

在庫管理アプリとは、在庫がいくつあるかの確認や、入庫・出庫といった動きのデータを管理できるアプリを指します。

在庫管理アプリを利用するとデータの入力の自動化ができ、オンラインで場所を選ばず在庫確認もできるのが特徴です。

カメラによるスキャンやバーコード管理による会計など、ほかの業務もまたがって完了できるアプリもあります。アプリ1つの導入で多くの業務を行えて、ミスの防止にもつながるでしょう。

在庫管理アプリのメリット5つ

在庫管理アプリのメリット

在庫管理アプリを導入するメリットは以下の通りです。

  • 在庫を最適化できる
  • ミスを未然に防げる
  • 管理のコストがあまりかからない
  • 誰でも利用できる
  • クラウド上でどこからでも利用できる

上記のメリットを理解していると、在庫管理アプリの機能をより有効活用できます。どの機能を利用すると、メリットにつながるかも確認しましょう。

在庫を最適化できる

在庫管理において、各商品の数量を最適化するのは重要です。在庫が少ないと、顧客のニーズに素早く対応できません。逆に多すぎても、過剰在庫となってしまい、余計なコストが発生します。

在庫管理アプリを利用すれば、各商品の在庫数を常に把握できるだけでなく、変動まで確認可能です。在庫を最適化できるので、利益の最大化につなげられます。

ミスを未然に防げる

在庫管理アプリは自動で在庫数が入力されるので、エクセルなどによる人の手入力時に発生するミスを防げます。

棚卸などで数が合わず何度も確認作業をしたり、入力ミスの修正をしたりする時間を減らせるのがメリットです。

ミスを未然に防げる環境をつくれれば、従業員は接客など人でなければできない業務に専念できます。店舗運営以外の分野でも、クリエイティブな業務に集中できる点も在庫管理アプリを導入するメリットです。

管理のコストがあまりかからない

在庫管理アプリは種類や利用する機能によって、導入や管理にコストが発生します。

しかし、大きなコストではないので、効果に対してメリットの方が大きいケースが多いです。

管理のコストがあまりかからないので、導入後は負担少なく在庫管理を行えます。在庫にあった気づかない無駄を把握できるので、導入前よりも売上や利益が増加する可能性もあるでしょう。

誰でも利用できる

在庫管理アプリは、直感的な操作で誰でも利用できる点もメリットです。

アプリによっては難しい操作や設定が要求され、プログラミング関連の知識がないと利用できないものもあります。

 

しかし、利用できる人が限定される在庫管理アプリでは、社内に使える人がいないと使えません。操作が簡単であれば、アプリのために人材を新たに採用する必要がない点もメリットの1つです。

クラウド上でどこからでも利用できる

在庫管理アプリはクラウド上で管理でき、ネット環境とスマホやタブレットさえあれば、どこからでも確認や操作ができます。

顧客との商談のなかで在庫を問われ、確認したい際もすぐにみられるのでニーズに応えやすいです。

 

また、オンライン上で在庫を管理し、売れる見込みのある商品を押さえておけるので対応力の高さにつながります。

在庫管理アプリのデメリット3つ

在庫管理アプリのデメリット

在庫管理アプリを利用するデメリットは以下の通りです。

  • 導入に一定のコストがかかる
  • 機能に限界がある
  • 規模が大きいと適さない場合もある

 

上記のデメリットを把握していないと、利用してからトラブルにつながる可能性があります。在庫管理がうまくできないと、会社全体に負担がかかるので、あらかじめ把握しておきましょう。

導入に一定のコストがかかる

在庫管理アプリは導入時に設定や料金など、一定のコストが発生します。

操作に慣れるまでは、導入前より在庫管理に手間取る可能性もあり、使いにくさを感じてしまうかもしれません。

 

長期的には導入するメリットの方が大きいケースが多い一方、導入直後の短期で見ればデメリットもあるので注意しましょう。

機能に限界がある

在庫管理アプリは万能ではありません。

機能は業界や規模に特化したものが多く、利用する種類やプランによってはできないことがあります。

事前にアプリの機能を把握していないと、自社と合わないことに利用を始めてから気づくことになってしまうので注意が必要です。

 

利用開始前にはアプリの機能を確認しておき、自社にとって必要な機能はあるか、またプランの料金も確認しておきましょう。複数の候補からもっとも適したアプリを選ぶのが理想です。

規模が大きいと適さない場合もある

ほとんどの在庫管理アプリはシンプルなつくりをしています。利用しやすい一方で、カスタマイズができないため、複雑な業務には対応しておらず、規模の大きい企業には適していないケースがあります。

 

規模が大きいと商品数や在庫数が増え、種類も豊富なため管理方法を切り替えなければいけません。在庫管理アプリは中小企業をターゲットにしているケースが多く、導入しやすさを重視しているので、規模の大きい企業には適していないことが多いです。

在庫管理アプリおすすめ7選

お勧めの在庫管理アプリ

数ある在庫管理アプリの中でも、特におすすめなのが以下の7つです。

  • zaico
  • AmazonSeller
  • NEXPOPOSレジ
  • カラーミーショップ
  • Tana
  • ナノ倉庫
  • バーコードスキャナーと在庫管理

 

複数の候補から自社に合ったものを選べば、在庫管理がよりスムーズになります。アプリの特徴を1つずつ把握しましょう。

zaico

zaico

引用元:zaico公式

Zaicoはスマホ1台で在庫管理ができるアプリです。

スマホでスキャンができるため、棚卸の時間を大幅に削減できるため、現場作業者の負担を減らせます。

 

バーコードやQRコードで商品をひもつけし、出入庫の記録をつけられるのでヒューマンエラーの心配もありません。クラウド上で情報共有も可能で、どこからでも在庫状況を確認できます。

AmazonSeller

AmazonSeller

引用元:AmazonSeller公式

AmazonSellerはAmazon出品者向けの在庫管理アプリです。

出品管理に適しており、Amazonの出品に関する業務を一貫してサポートしてくれます。

購入者から質問が来た際には回答できる機能もあり、個人であっても使いやすいアプリです。Amazonで商品を販売したい企業や、せどりを行っている個人まで、スキルや規模を問わず使いやすくなっています。

 

NEXPOPOSレジ

NEXPOPOSレジ

引用元:NEXPOPOSレジ公式

NEXPOPSレジは、コストの安さが評価されている在庫管理アプリです。

アパレルや雑貨店をはじめとした小売業での利用に適しており、在庫管理や売上把握など、店舗で記録する情報を自動で入力します。

 

会計の際もレジ代わりに使えるので、本格的なレジスターを導入しにくい小規模の店舗におすすめです。iPadで使えるので、店舗で場所をとらず、ちょっとした時間で在庫状況の確認にも使えます。

カラーミーショップ

カラーミーショップ

引用元:カラーミーショップ公式

カラーミーショップはネットショップの作成に適した在庫管理アプリです。

中心的な機能は独自性のあるネットショップの作成ですが、在庫管理の機能も優れています。

 

複数店舗で在庫体制を連携することで、あらゆるネットショップの在庫を最適化できます。実店舗であっても管理を一元化できるため、複数店舗の運営に向いている点もメリットです。

Tana

Tana

引用元:Tana公式

Tanaはとある大学の研究チームで、実験に必要な機材が不足する課題を解決するためにできた在庫管理アプリです。

チームで在庫管理するのに適しており、クラウド上で操作できるため新しい人材もスムーズに利用を始められます。また、英語にも対応しているのでグローバルなチームでの活動にもおすすめです。

ナノ倉庫

ナノ倉庫

引用元:ナノ倉庫公式

ナノ倉庫はiphoneやAndroidで棚卸などの在庫管理に必要な業務が行えるアプリです。

バーコード、写真、SKUコードなどで商品検索をかけられるので、在庫の把握をしやすい特徴があります。

 

売上高やマージンなど経営分析に必要な情報も算出する機能もあり、在庫管理だけでなく経営分析もサポート。アプリに慣れるための機能も充実しています。

⑦  バーコードスキャナーと在庫管理

 

引用元:バーコードスキャナーと在庫管理Appstore

バーコードスキャナーと在庫管理はAppstoreで提供されている、スマホをスキャナーとして利用できる在庫管理アプリです。

 

在庫管理に必要な入力や計算を、バーコードの読み取りによって完了させてヒューマンエラーを防ぎます。無料で利用できるため、手軽に在庫管理をしたい人におすすめです。

在庫管理アプリを選ぶポイント3つ

在庫管理アプリを選ぶポイント3つ

自社に合った在庫管理アプリを選ぶ際に、重視した方がよい基準は以下の通りです。

  • コストから選ぶ
  • 機能から選ぶ
  • 導入形態より目的を重視する

 

導入そのものを目的化するのではなく、どうすれば自社に役立つかを考えましょう。選び方がはっきりしていると、自然と自社に合った在庫管理アプリを選べます。

コストから選ぶ

在庫管理アプリは種類やプランによって費用が異なります。また、機能も費用に合わせて変わってくるので、もっとも効果的なものを選びましょう。

 

機能が豊富なアプリを導入しても、使わなければコストは割高になってしまいます。自社に必要と思われる機能を確認し、もっとも適したアプリを選ぶのがおすすめです。

機能から選ぶ

在庫管理アプリは機能が異なる部分もあります。自社に必要な機能がそろっているアプリを選ぶと、在庫管理しやすくなりミスも減らせる点がメリットです。

 

機能は各アプリの公式サイトなどで確認できます。また、ユーザーのレビューで同じ機能の使用感を比較可能です。

導入形態より目的を重視する

目的は在庫管理アプリを導入する上で最も大切な条件です。

近年はDXなどの影響もあり、さまざまな業務にアプリを導入する企業が増えています。競合をはじめ、多くの企業が在庫管理アプリを導入していると、焦りを覚え「自社もやらなくてはいけないのでは?」と流れに乗りたい気持ちもわかります。

しかし、在庫管理アプリは導入形態よりも、使う目的の方が重要です。在庫管理において数量の把握や出入りの管理強化など、具体的な目的をもってアプリを導入しましょう。

まとめ:在庫管理のコンサル、アプリ選びの相談は在庫管理110番がおすすめ

無料在庫管理相談受付中

引用元:瀬戸内scm公式

ここまで在庫管理アプリについて、メリット・デメリットやおすすめ、選び方を解説しました。

 

在庫管理アプリはさまざまな種類があります。

自社の導入目的を第一に考え、機能や費用を確認したうえで自社にもっとも合ったものを選ぶことが重要です。

 

在庫管理については「わからない」というのが本音ではないでしょうか?例えば、

  • 自社に何が必要なのかがわからない
  • 経営課題や生産性を上げるためにはどうすればいいのかわからない。
  • そもそも課題が多すぎて何から手を付ければいいのかわからない。

瀬戸内scmでは在庫管理に関する無料相談を実施しています。

様々な在庫管理の相談に乗っている在庫管理の専門家から直接アドバイスがもらえます。

アプリだけでなく、在庫管理に関する悩みや問題を解決できるので、ぜひ無料個別相談の依頼を検討してください。

【無料】在庫管理アドバイザーがお答えします!