近年、資金効率を重視した経営に注目が集まっています。

この中で「在庫管理システム」は、在庫の流れを良くするキャッシュフローを改善するためのツールとして注目を集めています。

と言っても、「在庫管理システム」の種類は多様化しています。

そのため、とくに製造業、卸売業者の企業様から「システムの選び方に悩む」といった声が多く聞かれます。自社に最適な在庫管理システムを決めるためには、判断を行う軸が必要です。

そこで今回は、システムの中でも「クラウド型」「オンプレミス型」の2タイプにわけて、それぞれの特徴を比較します。また在庫管理のプロの視点からクラウド型に着目をして、有益な選び方を紹介します。

なぜ在庫管理システムは必要なのか

まずその前に、在庫管理システムが製造業や卸売業でなぜ求められているのか、その理由を解説します。

会社の1年間で恒常的に発生する投資のうち、最も大きなのが「仕入れ金額」、つまり在庫への投資です。

その管理を担う在庫管理は、会社の経営に大きく影響するものです。

在庫管理は重要な業務にも関わらず、欠品・過剰在庫、無駄な仕入れ、発注ミスなどで悩まされている企業が後を絶ちません。

とくに、回転率の悪い過剰在庫が増えればキャッシュフローが悪化して、資金繰りを圧迫します。

過剰在庫が会社に及ぼす悪影響について理解する

このような経営課題を解決するのが、在庫管理システムです。

在庫管理システムは主に、以下のような基本機能がそなわっています。

  • 入庫、出庫管理
  • ロケーション
  • 棚卸
  • ロット管理
  • 売上管理機能
  • 受注・納期管理
  • 在庫分析
  • マスタ管理

在庫管理システムは、在庫管理を効率化させ、業務の生産性を上げる効果が見込めます。

キャッシュフローを改善して、売上拡大を図りたい企業には欠かせないシステムです。

また、これまで人海戦術で行ってきたExcelや紙による手作業を、すべて自動化できます。

人手不足の解消にも、期待ができます。

【関連記事】

在庫管理システムの種類

在庫管理システムには、2つのタイプがあります。オンプレミス型在庫管理、クラウド型在庫管理です。

  • オンプレミス型在庫管理:サーバーやネットワーク機器を自社で調達・設置するタイプです。在庫管理システムはベンダーからソフトウェアを購入するか、もしくは自社で開発するかの2択です。システム管理・保守は自社で行います
  • クラウド型在庫管理:クラウドで提供されているソフトウェアを利用する方法です。在庫管理システムにはインターネットからアクセスします。サーバーやネットワーク機器の管理は不要で、システム管理・保守はシステム会社が実施します。また、インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォン、タブレット端末から在庫管理システムにログインできます。クラウド上に反映された在庫情報や各種データを正確に管理して、リアルタイムで把握できる点も魅力です。

どっちがいいの?2つの在庫管理システムを徹底比較

オンプレミス型在庫管理、クラウド型在庫管理について、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

メリット(オンプレミス型・クラウド型)

  • オンプレミス型:自社の業務に合わせて、機能をカスタマイズができます。システムの自由度が高いだけでなく、コストをかければ容量を拡大することも可能です。
  • クラウド型:ハードウェア・ソフトウェアの開発・購入がかからず、サービス利用における契約利用料のみ発生します。とくにオンプレミス型と比べると、初期費用・運営コストを抑えられます。またサーバーセキュリティ面での安全性・機密性が優れていることも挙げられます。システムによりますが、会計システムや販売管理システム、生産管理システムなど、他システムとの連携が可能です。

デメリット(オンプレミス型・クラウド型)

  • オンプレミス型:開発するために多額の費用が発生します。あくまでも目安ですが、数百万単位のコストが必要です。さらにシステムの運用・保守では、社内で専門の人材を配置しなければなりません。サーバーやネットワーク機器は老朽化しますので約5年を目安に更新が必要です。
  • クラウド型:オンライン上のサービスなので、オフラインで利用ができません。社内人材ではないので対応に時間がかかる場合があります。システムによりますが、機能を追加できない、もしくはカスタイマイズができないサービスもあります。

クラウド型在庫管理システムの選び方

2つの在庫管理システムのメリット・デメリットを比較しました。

オンプレミス型・クラウド型のどちらにもメリット・デメリットがあり、結局どのシステムを導入すべきなのでしょうか。

ここでは、選ぶポイントを解説します。

近年はクラウド型在庫管理システムが人気

2021年現在、ここ数年ではクラウド上で管理ができる「クラウド型在庫管理システム」が注目を集めています。

これは、通信環境が整ってきたこと、サーバーが比較的安くなってきたことが背景にあります。

パッケージタイプのクラウド型在庫管理システムは機能が充実しているものも増えてきており、多額の開発費用が発生しません。

一般的には、月額利用で数万円~が相場です。サーバーやネットワーク機器のハードウェアのメンテナンスも不要です。

さらに、2020年秋から日本政府がITシステムのクラウド化を推進しています。これまでは、オンプレミス型が人気でしたが、これからはクラウド化の波が到来するでしょう。時代の流れに合わせて、クラウド型在庫管理システムの導入が妥当だと考えられます。

(参照:クラウドサービスの安全性評価に関する検討会の検討結果を取りまとめました|経済産業省)

クラウド型の欠点をカバーする方法

クラウド型の欠点はオフラインで作業できない、カスタイマイズができないという2点でした。

このデメリットによって現場でどのような不具合があるのか、実際に導入をして確かめてみることも判断材料になります。

在庫管理110番が提供する「成長する在庫管理システム」では、デモ(お試し版)で利用可能な期間を30日設けています。

貴社の在庫管理にあっているか判断していただくには十分な期間です。

デモシステムでは、ユーザー権限設定、品目一括インポート以外のすべての機能が使えます。

本格的に導入する場合は、あなたの会社の業務に合わせてカスタマイズにも対応してます。

小規模な事業者はもちろん中小企業・ベンチャー企業など、工場・倉庫などで適切な在庫管理を実現して、業務を効率化したい方に最適です。

誰でも簡単に操作ができるため、在庫情報ソフトや自作の在庫管理表を使用されている場合でも、スムーズに移行できます。

あた「成長する在庫管理システム」はIT導入補助金に対応しています。

これまで「導入したくても予算が厳しい」と思われてきた方は、IT補助金の活用が可能です。

※2020年度は終了しました。2021年度は5月頃から開始予定です。

詳しくは、在庫管理110番までお問い合わせください。

在庫管理システムの導入をご検討中の方へ

在庫管理110番の成長する在庫管理システムはクラウド型の在庫管理システムに特化しています。

クラウド型のメリットを最大限に活かせるようにサポート体制を構築しています。

「在庫管理110番」が導入サポートした株式会社山中建設様の導入事例はこちら

在庫管理の改善に興味のある方、具体的な在庫管理システムを取り入れてみたいと考えているけれど、実際に「何から手を着ければよいのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。


【無料】成長する在庫管理システムのお試し版を使ってみる

在庫管理システムの導入を成功させる秘訣

在庫管理システムをオンプレミス型・クラウド型にわけて、それぞれのメリット・デメリットを比較しました。

在庫管理システムを導入するにあたり大切なのは、一時的ではなく中長期的な視点で見ることです。「お金をかけてでも、将来的に高い費用対効果が見込める」という視点で判断をした方が、結果コスト削減につながります。そのために、今回の記事を参考にしながら、自社に適した在庫管理システムを選定して行ってください。

導入した在庫管理システムに不満を持っている会社は、75%以上といわれています。

導入してよかった!といえるシステムにするための成功の手引きをまとめました。ぜひご覧ください。

成功する在庫管理システム導入の手引き

在庫管理をスムーズにすることによって、キャッシュフローの改善や人手不足の解消、業績の拡大を図りたい、メーカーや卸売業の経営者、在庫管理責任者の方は、一度「成長する在庫管理システム」の導入をご検討ください。実績のある在庫管理の専門家が、より詳しくアドバイスをさせていただきます。

在庫管理システムの関連記事

【在庫管理システム導入】

【在庫管理システムで実現きること】

【在庫管理システムのコスト】

【在庫管理システムの選び方】

【在庫管理システムの導入手順】

【在庫管理システムの維持管理方法】