在庫管理担当者や工場の関係者が最も恐れるのは欠品です。
欠品を過度に恐れるため、ついつい発注を多くしがちです。

しかし、過剰在庫を持つことには、
百害あって一利無し。

現場の生産性や資金繰りを悪化させる原因にもなります。詳細はこちらで解説しています。

在庫管理の生産性が低下する2つの原因

過剰在庫を抱えている企業には、さまざまリスクが存在します。破損や欠品、不良、予測ミス、費用など。

発注を多くして、このような課題で困っていませんか?

まずは、どんな問題が発生するのかを正確に理解しなければなりません。

そこで今回は、過剰在庫のリスクと減らすための対策を紹介します。

過剰在庫

過剰在庫が会社に及ぼす悪影響

過剰庫があると大きく分けて2つの事が
起こります。

  1. 在庫管理費用が発生する
  2. 会社に潜む悪さが隠れる

在庫管理にはお金が掛かっている

在庫は持っているだけでお金が掛かります。
見えにくい数字ですが、在庫金額の15-25%が在庫管理の
コストとして、お金が流出しているといわれています。

在庫管理にかかるコストは見えにくいですし、間接的な
費用が多いためついつい見逃しがちです。

業績が良い時は、どんどん売り上げを増やすために、在庫
もどんどん積み増します。

ちょっと売上が落ちた時が危険です。
積みあがってしまった在庫は減りません。
在庫管理の費用がボディーブローのように効いてきます。

調子の良い時こそ、要注意です!

次のような費用が掛かっています。

購入費

当然ですが、在庫はお金を出して購入しています。
在庫=お金です。
お金はどんなことにも使えますが、在庫は製品にして
お客様に販売して始めて現金になります。

在庫を持つということは、お金の流れを止める
ということです。

金利

部品や原料を購入するために銀行からお金を借りていると、
当然金利が発生します。

購入を借入金ではなく、会社のお金でまかなっている場合は、
金利はかかりません。

例えば、過剰在庫が1億円。これは会社のお金で購入。
倉庫を建てるために、銀行から1億円の借入れ。

もし、過剰在庫を抱えていなければ、銀行から借入れを
する必要はなかったはずです。

在庫自体を借入れ金で購入していなくても、このように
間接的に関わっている場合があります。

人件費

過剰在庫をもっていると、必要ない作業が発生します。
無駄な作業時間になり、本来やるべき仕事に割く時間
が減ってしまいます。
残業が発生して、割増し賃金がかかりますし、
生産遅延が起こり、製品の出荷も遅れる可能性があります。

もしかすると、在庫管理のためだけに人を雇わなければ
いけなくなるかもしれません。

  • 発注作業
    過剰在庫を発注するための人件費がかかっています。
  • 入れ替え作業
    過剰在庫があると、倉庫の中で先入れ先出しのために在庫
    の位置を変えたり、レイアウトを再構成したりしなければ
    いけなくなります。
  • 探し回る
    過剰在庫の山があると、必要なものが埋もれてしまいます。
    倉庫を何か所も借りると、倉庫を行き来しなければいけません。

倉庫代

過剰在庫を保管するための倉庫が必要になります。
自社倉庫を増設した場合は、それだけの費用が掛かります。
減価償却費もあります。
外部倉庫を借りれば、倉庫代がかかります。

倉庫を何か所も持つと、在庫が見えづらくなるので、
在庫量の把握が難しくなり、ますます在庫が増える可能性が
あります。

一般的にスペースを増やすと、そのスペースはなぜか埋まっ
ていくという特徴があります。

小さな冷蔵庫から大きな冷蔵庫に買い替えると、
いつの間にか中身がいっぱいになっているのと同じです。

運搬費

あふれた在庫を移動するための作業時間や倉庫が遠いところに
あれば、トラックで持っていかないといけません。
自社トラックの場合は、人件費やガソリン代がかかります。
運搬を委託すれば、それだけの費用が掛かります。
積み込みや積み下ろす時間も無駄です。

運搬は片道ではありません。
使うときに、また戻さなければいけません。
横持ち費用が同じようにかかります。

梱包費

過剰在庫を入れておくために容器が必要になります。
在庫を入れる容器が決まっている場合は、容器の数を増
やさなければいけなくなります。
また、梱包をする作業と梱包を解く作業も余分に発生します。

光熱費

倉庫に電灯をつけている場合は光熱費がかかります。
食品などのように、冷蔵や冷凍が必要な場合は、
品質保持のために、余計にかかります。

保険・安全費

何かあった時のために保険をかけていれば、保険代
がかかります。輸入品の場合は、貨物に保険を掛けることも
多いので、運搬費用に保険代が含まれている場合もあります。

また、防犯のためのセキュリティシステムや設備設置にも
お金が掛かります。

在庫は工場にとって必ず必要な存在ですが、
過剰在庫は必要ありません。

過剰在庫で会社に潜む悪さが隠れてしまう

会社には、事業の安定と発展を潜む「悪さ」が
必ずあります。

過剰在庫は、それらの「悪さ」を隠してしまいます。

破損・紛失

在庫がたくさんあると、

「まだだくさんある少しくらいからいいや」

ということが起こります。

在庫管理の基本である在庫を正しく扱うこと
ができない状態になってしまうとともに、

棚卸をした時に、帳簿上の在庫(理論在庫)実際に数えた在庫数量との間に
差が発生します。(棚卸減耗)

たとえ、在庫の単価が1円や2円と少額であっても、
それが日常的であれば、数百万円に及んでしまうこともあります。

不良

必要な数量だけが工場にあれば、

「大切に使わないといけない」

という意識が働きますが、在庫がたくさん
あると気の緩みが生じて、不良が発生しやす
くなります。

予測ミス

在庫量を増やさないためには需要予測精度を
上げていく努力が日々必要です。

予測を外せば、在庫が増えたり減ったりするからです。

過剰在庫が多いと、在庫が減っても欠品ならないため、
需要予測も甘くなってしまいます。

需要予測の精度を上げる方法はこちらをご覧ください。

需要予測の方法を学ぶ

社員がダメになっていく

紛失、不良、予測ミスなどの過剰在庫が引き起こす
「悪さ」をご紹介しましたが、
これらは、全て社員の意識だけで解決できること
ばかりです。

もしかすると、過剰在庫であることに気づいていな
いのかもしれません。

過剰在庫であることを気づかせるためには、
適正在庫管理を行い、基準を設定しなければいけません。

過剰在庫を処分する

溜まってしまった過剰在庫・不良在庫はそのままにしておいても減ることはありません。

減らす方法は、「売る」か、「捨てる」の2択です。

もし「売れる」のであればとっくの昔にそうしているのではないでしょうか?

在庫管理110番では、過剰在庫・不良在庫を処分のご支援をしています。

自社では見つけられなかった販路に買いたたかれず一円でも高く売って過剰在庫を一掃しませんか?

過剰・不良在庫の処分について詳しく見る

過剰・不良在庫が増えない仕組みを作るには?

過剰・不良在庫は「気がつくと」増えてしまっている厄介な存在です。

普段から気を付けるのは、忙しい業務で並大抵のことではありません。

ただ、放置すると在庫を捨てる(=お金を捨てる)ということになりかねません。

過剰・不良在庫を出さない、労力無しで気づく仕組みを作りにご興味がある方はご相談ください。