第5次申請分(申請締切日9/5)受付中。※第4次(8月8日締め切り分)のご応募は受付終了しました。

製造業こそ在庫管理システム導入を!メリットとデメリットを詳しく解説

在庫管理アドバイザーの岡本です。

「ものづくり大国」と呼ばれる日本にとって、製造業は世界に誇ることができる重要産業です。製造業で売り上げをupしていくためには、適正な在庫管理が何よりも重要となります。しかし製造業における在庫管理には、さまざまな課題も残っています。在庫管理システムを導入することによって作業の効率化を図り、適正な在庫管理を行いましょう。在庫管理システムを導入することによるメリットはもちろん、デメリットも合わせてご紹介します。

製造業における在庫管理とは

製造業が扱う在庫品は、大きく二つに分けることができます。在庫品の特徴に応じた在庫管理が必要になるので注意してください。

1. 直接材

◎原材料・・・素材・部品
◎仕掛品・・・完成前の状態で、まだ販売ができないもの
◎完成品・・・完成した製品

2. 間接材

◎工具・消耗品・資材など
直接的に材料費に含まれないものすべてを間接材と呼びます。

在庫管理が不適切な場合に起こる影響とは?

製造業では適切な在庫管理が最も重要となります。在庫管理ができていないことによって起こる影響を解説します。

1. 欠品の発生

調達リードタイムがかかる製品の場合、在庫が適切に管理されていないと部品や原材料の事前確保が間に合わずに欠品が発生する恐れがあります。業務の遅延はもちろん、最悪生産ラインの停止にまで影響が及びます。

2. 過剰在庫の発生

欠品するよりはマシだと過剰に在庫を保管しておくのも、良いこととはいえません。過剰在庫は管理コストの増加を招き、キャッシュフローの悪化につながります。収益の損失は会社の経営にも大きな影響を及ぼす恐れがあるので、注意が必要です。在庫管理を徹底し、適切な生産計画を立てることが重要です。

3. 在庫数の差異が発生

実在庫とデータ在庫に差異が発生してしまっては、在庫管理の意味がありません。欠品や顧客からのクレームにもつながります。リアルタイムで在庫数を把握しておくようなシステムがあると良いでしょう。

4. 長期在庫品の品質低下

製造業は、在庫管理の情報を一元管理し、全社的なオペレーションを行う必要があります。
タイムリーな在庫状況の把握は経営層の経営判断にも役立ち、仕事の効率化を行うこともできます。適切な在庫管理を行なうことによってどのようなメリットがあるのでしょうか。三つのポイントを解説します。

1. 適正在庫が把握できる

在庫の管理を始めると、過去の製造データに基づいて適正な在庫数を把握できるようになります。適正在庫とは、過剰在庫にならず欠品にもならないような在庫数のことです。適正在庫を見極めることは、製造業にとって利益に直結する重要な仕事の一つだと理解しましょう。

2. 在庫数量の「見える化」で社内での情報共有ができる

過剰在庫や欠品を防止するためには、在庫の動きを可視化する必要があります。さらに在庫情報の情報共有を行うことで、社内のどのセクションの人間でも在庫が確認できるようになり、社内の業務効率化にもつながります。

3. 実在庫とデータの差異がなくなる

在庫管理を適正化することによって、実在庫とデータのズレがなくなります。現場にある在庫数の確認が不要となり、お客さまの要望にスピーディーに対応することが可能になるでしょう。作業者にとって無駄な手間がかからなくなるだけでなく、ユーザーの満足度向上につながり、双方に利点がうまれます。

これら3点を徹底するためには、在庫管理システムが非常に役立ちます。在庫管理を効率化させるためにも、在庫管理システムの導入を検討してはいかがでしょう。

【無料】在庫管理個別相談受付中

在庫管理システムを導入するメリット

在庫管理システムのメリット

在庫管理システムを導入することによってもたらされるメリットについて解説します。

1. ヒューマンエラーの防止

データの手入力などのアナログな作業は、ヒューマンエラーを誘発します。センサーやIoTなどの技術を活用し、データを自動的に反映させるようなシステム を利用すれば、人の手を介する機会が減って単純なミスを減らすことが可能です。例えば在庫にQRコードやバーコードを貼り、ハンディターミナルで読み取って自動で在庫を管理するようなシステムであれば、人力で一つずつ数えていくよりはるかに効率的です。人手不足の解消や人件費の削減にもなるでしょう。

2. 在庫管理業務の効率化

今まで手作業で行っていたような在庫管理業務をシステムで自動化することによって、工数が簡素化されます。本来割くべき仕事に時間を費やすことができるようになり、仕事効率の上昇につながります。

3. 品質の保持

在庫管理システムの導入によって適正在庫が把握できるようになることは、品質の保持にもつながります。在庫が過剰にならず、欠品も起こさないような適正在庫を保つことは、商品を適切に管理することでもあります。品質の向上は顧客の満足度にも直結し、売り上げ増加に影響を与えることもあるでしょう。

4. コスト削減

アナログで行っていたことをシステム化することによって作業効率が上がり、人件費の削減が期待できます。また、適正在庫を維持することで無駄な仕入れや在庫が減少すれば、保管スペースのコストも下がります。在庫管理システムの導入することは、売上upだけではなくコスト削減にもつながります。

【無料】在庫管理個別相談受付中

在庫管理システムを導入するデメリット

在庫管理システムの導入は、メリットだけではなくデメリットも存在します。メリットとデメリットを理解した上で、導入の検討を行ってください。

1. 導入時にコストがかかる

在庫管理システムはコスト削減に効果があります。しかし、システムの導入時には新たなコストや手間がかかります。複雑なシステムを求めればそれに比例してコストが上がることも。また、システムに関する指導や研修も必要になってきます。長期的な目で見ればメリットもありますが、導入時にかかるコストは事前に把握しておいたほうが良いでしょう。

2. 導入体制が整っていないと混乱が生じる

どれだけ良いシステムを導入したとしても、導入体制が整っていないと現場に混乱を生じさせることになります。特にシステムが導入されたばかりの時にはトラブルも起きやすいです。マニュアルの作成や研修を行うなどして、トラブル防止に努めましょう。利用者が使い慣れている、既存システムとの連携を図ることも重要です。自社の状況に合わせて対策を行う必要があります。

在庫管理システムに関する問い合わせ

製造業にとって、在庫管理は重要な業務の一つです。ないがしろにしないで適正な管理を行えば、より良い経営へとつながるでしょう。

在庫管理システムの導入に関して、ご相談がありましたらぜひお問い合わせください。無料個別相談で、在庫管理アドバイザーが直接対応します。

併せて読みたい!製造業関連記事はこちら