在庫回転日数の計算方法

在庫回転日数とは、「対象の在庫が何日で入れ替わっているかを示す値」です。
調査期間に応じて、年や月、日、時間などで求めることができます。

在庫回転日数は、「在庫回転率」から求めます。

在庫回転率は、次の計算式で求めることができます。

在庫回転率 = 売上原価 ÷ 平均在庫金額

金額ではなくて、数量で求めることもできます。

それぞれの詳しい求め方や、実務ではどちらを使うべきか、以下でわかりやすく解説しています。

在庫回転率の計算方法

在庫回転日数の計算式

在庫回転日数の計算式は、

在庫回転日数=日数÷在庫回転率
(日数は年、月、日、時間などになります。)

例えば、1年間の在庫回転率が2の場合、以下のようなかたちで計算できます。

  • 在庫回転日数(年)=1÷2=0.5年
  • 在庫回転日数(月)=12÷2=0.6か月
  • 在庫回転日数(日)=365÷2=182.5日

表現は年・月・日と違いますが、書いてある結果は同じです。
実務上は、月数または日数で表すことが多いです。

在庫回転期間と調査期間

先ほどの例は1年間の在庫回転期間でした。
しかし、実務上では1年間の在庫回転期間が分かったところで、何の役にも立ちません。

例えば、6月1日から6月30日の在庫回転期間を調査したとします。

  • 6月1日の在庫・・・500個
  • 6月30日の在庫・・・700個
  • 6月中(調査期間中)の出庫量・・・1200個
  • 在庫回転率・・・2

この時の在庫回転期間(日)は、次のようになります。
30(日)÷2=15日

調査期間に応じて、日数が変わります。
1週間であれば、7日です。

場合によっては、稼働日だけで表す場合もあります。
(工場で使っている部品などの場合)

調査期間に応じて分母を変えるようにしましょう。

在庫回転日数をエクセルで計算する

在庫回転率と在庫回転日数を計算するエクセルシートをご用意しました。
在庫の調査期間に注意をして、ご利用ください。

在庫回転日数と製造リードタイム

在庫回転日数が適正かどうかを判断するひとつの材料として、「製造リードタイム」があります。
製造リードタイムを見れば、おおよそ在庫回転日数が適正かどうかの判断ができます。

【関連記事】

ほかにも在庫回転日数に影響を与える管理指標を、こちらで一覧にしてまとめてみました。

在庫回転日数に関連する管理指標とは

在庫を減らしたい経営者、在庫を減らせと言われた担当者へ

実践すれば90日以内に改善効果を実感できます。
在庫に悩んでいる方にお勧めです。

在庫管理の教科書



在庫回転日数の計算方法の関連ページ