第2次申請分(締切日6/13)受付中。※応募多数の場合は募集を打ち切りますのでご注意ください

中小企業向け『成長する在庫管理システム』特集(30日間無料でお試し可能)

小規模レベルから在庫管理ソフト・在庫管理システムを導入したい企業は、どんなツールを選べきでしょうか。

結論から言えば、以下の3点がポイントになります。

  • 必要最低限の機能が搭載されていること
  • 現場での応用がきくこと
  • 初心者でも使いやすいこと

そもそも在庫管理ソフト・在庫管理システムは安いと言われているパッケージソフトで少なくとも100万円はかかります。

低価格のプランを選んだとしても、中小企業にとっては痛い出費です。

しかし、残念なことに、搭載された機能の2割以下しか使われていません。

中小企業にとっては適さない在庫管理ソフト・在庫管理システムが、実際に市場で多く販売されています。とくに比較サイトで見かける多機能な在庫管理システムは魅力的に感じます。ですが、実際は現場で活躍することなく、費用対効果も高いとは言えません。機能が充実しているか、否かよりも重要なことがあります。

それは『自社に適しているか』どうかです。

次の2点が判断基準となります。

  • 在庫管理で解決すべき課題のソリューションとなり、業務改善に役立つのか
  • 実際に作業をする人にとって使い勝手がよくて、会社の環境にも合うのか

小規模から導入したい場合、まずは適性を確認してください。

今回は、在庫管理110番が提案する『成長する在庫管理』システムを特集します。

『成長する在庫管理』は在庫管理の専門家が開発した、中小企業から厚い支持を受けているクラウド型の在庫管理システムです。

どういった点で小規模レベルの導入や中小企業に適しているのか、『成長する在庫管理』の理念・特徴についてご紹介します。

ほかの在庫管理ソフト・在庫管理システムと比較をする際の材料としてもご活用ください。

【在庫管理システムの関連記事】

在庫管理システム|導入の完全ガイド(機能・メリット・特徴・注意点)

☑「小さな在庫管理システム」を選ぶべき理由

クラウド型『成長する在庫管理』システムとは

『成長する在庫管理』とは、現状の在庫管理システムに不満をもった「在庫管理の専門家」が開発した

小規模事業者・中小企業向けの在庫管理システムです。

徹底的にこだわったのは「使いやすさ」

  • シンプルなのではじめての方でも簡単に操作可能
  • 「入力しやすくて見やすい入出庫管理」が好評
  • ライセンスは無制限で増額課金はなし

➽30日間お試し無料『成長する在庫管理』について詳しく調べる。

基本機能とオプションとしてパーツオーダー(機能追加)が可能です。

【基本機能】

  • 入出庫・棚卸・ロケーション・受注・売上・分析・集計・マスタ管理
  • 特に充実した棚卸機能で、「一斉棚卸」だけではなく「循環棚卸」にも対応
  • いつだれが処理したかがチェックできる入出庫・移動・棚卸の履歴自動記録(データはexcelで出力可能)

【カスタマイズできる機能】

  • 受注・発注管理
  • 会計システム・販売管理システムなど基幹システム(erp)との連携
  • 伝票発行
  • 管理項目の追加

【便利機能】

  • 欠品・過剰・不良在庫になる予兆を自動で検知してメールで通知

【ユーザーの人数制限】

  • ユーザー数は無制限
  • pc・タブレット端末何台でも導入可能

在庫管理システムの開発会社が提供・販売する商品との違いは、「現場」を軸にしているかどうか。

開発会社の多くは「理論」と「理想」で作った仕組みです。

製造業の工場や倉庫など、実際の現場を知らないことで様々な問題が起こります。

一方で現品管理とデータ管理のバランスで、在庫管理を実現する方法を、『成長する在庫管理システム』では提案しています。

「在庫管理110番」では、導入後の保守サポートも行っています。

【関連記事】

『成長する在庫管理』の5つの理念

『成長する在庫管理』は在庫管理アドバイザー監修の下、次のような理念で構築しました。

  1. 現場を補強するシステム
  2. 必要最小限の機能
  3. システムに依存しないシステムを作る
  4. 誰でも使えるシステム
  5. 成長に耐えるシステム

在庫管理110番では、小規模レベルから導入したい事業者に向けて「小さな在庫管理システム」を提案しています。

☑「小さな在庫管理システム」を導入する10のメリット

『成長する在庫管理システム』は、まさに「小さな在庫管理システム」の代表格です。

製造業や建設業、物流業はもちろん、病院・介護事業所などの消耗品管理など、どのような業種でも使用できるように開発しました。

この理念について解説をします。

現場を補強するためにシステムを活かす

『成長する在庫管理』は、あくまでもツールです。

目的を実現するための手段にすぎません。

  • 主役は企業の在庫管理担当者・経営者。
  • 舞台は工場・倉庫などの現場。

この現場を補強する在庫管理システムとして、『成長する在庫管理』はあります。メインは「何が、いくつ、どこにあるのか」を管理して、入庫・出庫の入力を、クラウド上で行うことです。

ちなみに在庫管理システムには、クラウド型とオンプレミス型があります。『成長する在庫管理システム』はクラウド型です。違いはこちらで解説しています。

☑クラウド型とオンプレミス型の違いを知る

またクラウド型の在庫管理システムは、情報漏えいなど、セキュリティ面での安全性を心配される方が多くいます。

『成長する在庫管理システム』は、5重のセキュリティ体制なので、安心して利用いただけます。

必要最小限の機能だけで成果は上がる 

現場を知る在庫管理アドバイザーが監修しているので、「在庫管理の要点」を押さえています。

在庫管理で必ずやっておくべきことだけを盛り込んでいるので、現場に必要以上の負担を掛けません。

➽『成長する在庫管理システム』の基本機能

システムに依存せず現場を回す 

システムに依存した状態とは、システムがダウンすると、「在庫の入出庫が止まったり現場が全く機能しなくなる状態」です。

資金力がある大企業なら耐えられますが、中小企業にとっては死活問題です。
仮にシステムがつながらなくなったとしても現場が回るシステムと運用方法を提供します。

これは小規模レベルで導入する際、とても有効だと言えます。

導入前~導入後まで、運用のポイントをこちらで紹介しています。

在庫管理システムの導入前にやるべき3つのこと

☑在庫管理システムの保守管理のやり方

☑『成長する在庫管理システム』のサポート体制

誰でも使える在庫管理システム

大企業は、システム操作に専用の担当者を付けることができます。しかし、中小企業はそんな人材の余裕はありません。だれでも扱え、そして教育の時間も短くて済むシステムを構築します。

また小規模な会社では、属人化リスクが発生します。専属の担当者しかやり方がわからない、という問題です。

担当者が退職や休養の場合でも、ほかの誰もが使えるシステムでなければなりません。

中小企業の成長に耐えるシステム

成熟した大企業と違い、中小企業は成長途上です。
つまり、状態がダイナミックに日々変化します。

ガッチリしたシステムを導入すると、システムに行動範囲が狭められてしまいます。

企業がシステムの制約を受けて、成長を阻まれてしまっては何のために導入したのか意味が分からず、本末転倒です。

成長に合わせた柔軟さを兼ね備えた耐久性のあるシステムの構築をおすすめします。

『成長する在庫管理システム』は、現場本位で、現品管理を改善できるシステムです。

➽成長に耐えるとは?開発者の声

在庫管理ツールを比較

『成長する在庫管理』以外にも、代表的な在庫管理ツールを紹介します。

比較材料として、参考にご活用ください。

excel在庫管理表

エクセルの機能を使えば、在庫管理表を作自作することができます。最大のメリットは、無料だということ。

また「在庫管理110番」でも、無料テンプレートを配布しているので、ご活用ください。

➽無料でexcelテンプレートを入手する

しかし、エクセルでできる内容は限界があります。またミスを完全に防ぐこともできません。

☑「エクセル在庫管理表」は、どれくらいの規模までが限界なのか

スマホによる在庫管理ソフト

クラウド在庫管理ソフトの代表格として、「ZAICO」があります。在庫管理ソフトとは、ソフトをスマートフォンやタブレット端末などにインストールして使用するツールです。

スマホ1台で、データ同期・共有機能など、複数人・複数拠点でリアルタイムの在庫情報を簡単に確認することができる優れものです。

iphone、ipad、androidのアプリ、さらにWebアプリにも対応しています。

『ZAICO』について詳しく見る

IoT在庫管理

最新のIoT技術を使った在庫管理手法です。

振動、光、重量、温度、湿度、圧力、距離などのセンサーで、在庫数や保管場所・位置、出荷状況、ピッキング状況などの情報を把握します。

「在庫管理110番」では、重さ=重量計にをおすすめしています。

【IoT在庫管理の関連記事】

重量IoTの手間なし在庫管理システム

初めてIoTを導入するのに最適な在庫管理システムとは?>IoT在庫管理システム初心者に重さのソリューションが最適な理由

IoT在庫管理の手法を徹底比較!今大注目のキーワードは「重さ」?!

バーコード・自動認識技術を活用する

『成長する在庫管理』では、ハンディターミナルの導入でバーコード・QRコードで管理できるようになります。

棚卸やロケーション管理、ロット管理などの作業を効率化することが可能です。詳しくはこちらで解説しているのでご覧ください。

バーコードの活用

在庫管理システムの構築

『成長する在庫管理システム』の理念を紹介しました。

5つの特徴から、中小企業への適性を見てきました。小規模なレベルから導入していきたい場合は、有効なツールになるでしょう。

また他ツールの情報も参考として取り上げました。

これから在庫管理システムを導入したい在庫管理担当者・経営者の方は、検討する判断材料としてご活用ください。

また在庫管理110番が構築する『成長する在庫管理システム』の詳細はこちらをご覧ください。

現在、30日間無料でお試し可能です。

➽『成長する在庫管理システム』の構築方法を詳しく調べる

在庫管理システム導入・開発に関するお問合せ

在庫管理システムを導入しても、現場で機能しなければ意味がありません。

はじめての在庫管理システムなら、実績経験が豊富なプロと一緒に構築していくことをオススメします。コストをかけるわけですから、きちんと成果が上がるように導入を進めて行きませんか?

『在庫管理110番』では、在庫管理システムの導入、開発に関するご相談やお悩みを随時、受け付けています。

お気軽にお問合せください。

在庫管理システムについてに相談する

在庫管理システムは、低コストでも費用はかかります。

きちんと成果が上がるのか確かめてから、本格的に導入してみてはいかがでしょうか。

中小企業から支持を集める『成長する在庫管理』が、今なら30日間無料でお試し可能です。

無料で『成長する在庫管理』(お試し版)を申し込む(たった1分でカンタン登録)

成長する在庫管理システム