ABC分析のやり方|エクセルを使って在庫管理に活かす方法

ABC分析

ABC分析とは、重要度を評価するときに使われる分析方法です。

パレートの法則(全体の大多数の結果は、ごく少数の要素が生み出す)にもとづいたもので、在庫を品目や金額などに分けて分類したとき、データの占める割合の大きさに応じて、重点管理をする在庫を決めることができます。

その結果、在庫管理における改善や対策の時に取り組む優先度を決めるときに使える分析方法が、ABC分析です。

ここではABC分析をエクセル、ピボットテーブルで行う方法を取り上げます。

1.優先度をつけて管理や取り組みの重みを変える

冒頭の図解をご覧ください。

Aグループは全体の70-80%を占め重点管理項目として管理レベルを上げたり、改善に最優先で取り組めば、効果が最も大きなグループになります。

逆にCグループは、全体に与える影響が少ないグループです。

管理を軽くする、もしくは管理をほとんどやめてしまってもいいグループです。

ABC分析をやることで、費用対効果の高い取り組みの優先順位を付けることができるので、在庫管理の改善活動や問題解決の時によく使われます。

2.ABC分析をエクセルで行う方法

ABC分析は、エクセルを使えば簡単にできます。
少しコツが必要なので、解説ページを作りました。
ぜひご活用下さい。

➽ABC分析をエクセルでやる方法

3.ABC分析をピボットテーブルだけでやる方法

ABC分析をピボットテーブルだけでやる方法です。

4.在庫の分類

在庫管理改善のひとつとして、ABC分析で在庫を
4つのカテゴリーにマトリクスで分類します。

在庫を分類することで、優先して取り組まなければ
いけない対象が自然と見えてきます。

在庫管理のプロに無料相談!

問い合わせ

ABC分析の関連情報