現状を把握したり、在庫の改善対象を決めたり、基準を決めたりするために在庫分析は欠かせません。

在庫分析の代表的な手法は次の5つがあります。

どの分析方法もエクセルを使って簡単に計算できます。

【エクセルの使い方はこちら】

ABC分析のやり方

ABC分析
ABC分析とは「改善や対策の時に取り組む対象の優先順位を決めたいときに使える」在庫分析方法です。

在庫を品目や金額などに分けて分類したとき、データの占める割合の大きさに応じて、重点管理をする在庫を決めたりすることができます。

全体の大多数の結果は、ごく少数の要素が生み出すというパレートの法則にもとづいたものです。

➽ABC分析について詳しく見る
(ABC分析の手順を解説しています)

在庫回転率の求め方

在庫回転率は、「在庫がどれだけ使われたかを見る指標」です。
在庫回転率が低いということは、在庫が工場に長いこと滞留しているということを意味しています。

在庫はお金、つまり事業の資金が部品や製品にかたちを変えたものです。

在庫は顧客に販売するまでは、お金になりません。

会社経営の観点からみると、どれだけ早く在庫をキャッシュに変えるかが事業の継続と成長のバロメーターになります。

<在庫金額の計算式>

在庫回転率=期間中の出庫金額(数量)/期間中の平均在庫金額(数量)

➽在庫回転率について詳しく見る
(在庫回転率の計算について、手順を含めて解説しています)

ヒストグラムの作り方

ヒストグラムの作り方

ヒストグラムは、「データの分布を視覚的に見るための図」です。

通常のグラフでは分からないデータの偏りがパッと見て分かります。

エクセルの機能を使って簡単に作ることができますが、少しだけ工夫が必要です。
それは「データを等間隔に分ける方法」です。
特にデータをどう等間隔に分けるかがヒストグラムを作るときの一番の悩みどころなので、等間隔に分ける方法を重点的に解説しています。

ヒストグラムの作り方

(ヒストグラムの作り方について、手順を含めて解説してます)

Zチャートの作り方

Zチャート
グラフの形がZに似ているので、Zチャートと呼ばれます。
Zチャートとは、「推移と傾向を視覚的につかむためのグラフ」です。
売上の分析などに良く使われます。在庫使用量の変動などを見ることもできます。
季節変動や在庫の増加や減少などの傾向を見ることができます。

Zチャートの作り方

(ℤチャートの作り方について、手順を含めて解説してます)

流動数曲線の作り方

流動数曲線
流動数曲線は、繰り返し同じ製品を作る部品メーカーなどの「大量生産型のメーカーに適した非常にシンプルな生産管理(進捗管理)方法」です。別名、追番管理と言われています。

流動数曲線の利点は、次の4つです。

  1. 一目見たら状況がすぐに分かるシンプルさ
  2. マスター整備が不要
  3. 管理項目が少ない
  4. 専用のITシステムが無くても実施可能

必要なデータは、生産計画数と実績数だけです。

専用のITシステムがなくてもエクセルさえあれば、簡単にグラフを作ることができます。

流動数曲線の作り方を詳しく見る

(流動数曲線の作り方について、手順を含めて解説してます)

在庫分析に在庫管理システムを活かす

5つの在庫分析テクニックを紹介しました。

エクセルを利用すれば、在庫分析を実施することは可能です。

しかし、実際には手作業のために時間がかかります。またミスも発生して、正確な在庫分析ができないケースもあります。

そこで精度を高めて、より効率的に実施する方法があります。

在庫管理システムの活用です。在庫情報がリアルタイムで更新され、自動で管理できるようになるツールです。

と言っても、わざわざ機能性が高い在庫管理システムを導入する必要はありません。

最低限の機能だけで十分です。機能性よりも、「現場での使いやすさ、操作性の良さが重要」です。

「在庫管理110番」では、在庫管理のプロが手がけた「成長する在庫管理システム」を提供しています。

  • 在庫分析(回転率、期間集の挿入出庫、開始・完了時点在庫数)
  • 売上分析(取引先別の売上の予定・実績金額、期間指定可能)

などの機能があり、分析のにかかる手間を省くことができます。

見やすい画面で、システムが苦手な初心者でも操作が簡単です。

30日間無料でお試しできるので、在庫分析に活かせるのかトライアル期間でご確認ください。

➽無料で「成長する在庫管理システム」を試してみる

【在庫管理システムの関連記事】

自社の在庫状態を分析してほしい

在庫管理110番では、独自の在庫分析によってあなたの会社の在庫管理状態を分析・診断します。

在庫分析をするにあたり必要なデータをお知らせしますのでまずはお気軽にお問合せください。


ささいなことでもお気軽にどうぞ!

在庫分析の関連ページ