Zチャート

Zチャート

在庫管理についてどんなことでもお答えします

Zチャートは3本の折れ線グラフで構成されています。

  • (A)分析したい各月のデータ
  • (B)分析したい各月のデータの累計
  • (C)過去からの移動合計データ

各月のデータだけでは分かりづらい、売上の増減や傾向などが一目でわかるグラフです。

Zチャート用のデータの作り方

Zチャートの作り方を解説します。

上記の折れ線グラフは次のデータからできています。
Zチャートのデータサンプル

このデータでは、1年分のデータを分析しています。

Zチャートでは分析したいデータの2倍のデータを用意しなければいけません。

例えば、1年分のデータを作る場合は、2年分のデータを用意します。

3本のグラフの作り方を説明します。

(A)のデータ(青色)

単純に分析したい各月のデータを折れ線グラフ化したものです。

(B)のデータ(赤色)

は累計値なので、前月との合計を足していきます。
例えば、

201408のデータは50、累積合計も50となりますが、

201409の累計は50+21=71となり、
201410の累計は、50+21+57=128となります。

(C)のデータ(緑色)

過去1年分のデータも使って作成します。
例えば、201408の移動合計は、

201309~201408の各月の出庫数の合計です。

201501の移動合計は、

201402~201501の出庫数の合計です。

つまり、各月の過去1年分のデータの合計値です。
各月の移動合計については、移動合計のデータ元
にそれぞれの月がどの移動合計が必要かを記載しています。

(A)~(C)の3つのデータをグラフ化すると図のようになります。

完成時に、(B)と(C)の値が重なっていない場合は、どこかで計算ミスをしてますので、

再確認してください。

Zチャートの見方

Zチャートのどこを見れば良いのか?
それは、(C)の移動合計のデータです。

  • 右肩上がり・・・増加傾向になっている。
  • 右肩下がり・・・減少傾向になっている。
  • ほぼ水平 ・・・昨年とほぼ同じ傾向

今回、例にしたZチャートを見ると、
(C)のデータはやや右肩下がりになっています。

これは、今年の出庫が減少傾向にあることを
意味しています。

このように、Zチャートを見れば対象データの
傾向の比較が可能になります。

すぐに使える在庫管理のノウハウが満載

Zチャートの弱点

Zチャート分析は、ある程度長い期間のデータが必要です。
新製品などにはZチャートが適用できません。

繰り返し生産をしている製品では有効な手段です。

毎年、新製品を販売している工場では不向き
かもしれませんが、顧客や品種などのセグメント分析
には使える手法と言えます。

見た目は特殊な印象を受けますが、作り方は
とても簡単なのでぜひチャレンジしてみて下さい。

在庫管理に関するお問合せ

在庫管理110番では、Zチャートに限らず在庫管理において幅広いテーマを

扱っています。在庫管理に関するご相談やご質問はお気軽にどうぞ。


ささいなことでもお気軽にどうぞ!

Zチャートの関連ページ