第5次申請分(申請締切日9/5)受付中。※第4次(8月8日締め切り分)のご応募は受付終了しました。

在庫管理システムを導入する3つのメリット

在庫管理システムを導入するメリット 

システム導入のメリット

見える化 

システムを導入すれば、誰でもどこからでも最新の情報を共有
できるので、確認作業を無くすことができます。

在庫管理業務で、最も時間を割かれるのが確認・調整業務です。
電話対応したり、現場に在庫確認に行ったりと、走り回っている
時間が1日の仕事の大部分を占めていませんか?

時間短縮 

システムは、一度に、大量の情報を、しかも正確に処理します。
書類の作成、書類探し、伝票チェックなどに時間を取られていませんか?
月末のとりまとめや集計もシステムなら一瞬で終わります。

データの活用 

システムに蓄積したデータは会社の財産です。
需要予測による過剰在庫や欠品の防止、適正在庫、顧客への提案、
資金繰りの計算など在庫データを使って未来を見通すことができます。

需要が減っているのに仕入ロットが昔と変わらない、
商品点数の増加以上に、在庫数がどんどん増えている。
原因は、昔から変わらない経験と勘による主観的な判断です。
主観的判断は止めて、事実(在庫データ)に基づいた客観的な判断をしませんか?

在庫管理システム導入に関するコンテンツ 

在庫管理システムに関するお問合せ 

在庫管理110番では、在庫管理システムの新規導入、入れ替え、検討について
ご相談を承っています。お気軽にご相談ください。