エクセル(Excel)でバーコード・QRコードを無料で作成する方法

エクセルでバーコードを自作

    在庫管理アドバイザー岡本茂靖

    筆者:岡本茂靖(在庫管理アドバイザー、日本物流学会理事)

    在庫管理110番代表。在庫管理、生産管理の実務経験を経て、瀬戸内scm株式会社を創業。

    在庫管理に関して200社以上の個別相談、コンサルティング・システム導入を行っている。
    大阪府工業協会講師、日本物流学会所属
    著書:経費15%削減在庫管理術【基礎知識編】、寄稿:在庫最適化のためのIoT活用(日刊工業新聞社)、発表:物流における在庫管理の成功事例研究(日本物流学会)他多数。

     

    バーコードやQRコードが、特別なシステム無しで簡単に作れると良いと思いませんか?
    システムが無いとできないと思っていたり、システム業者によっては、QRコードやバーコードが作れることをシステムの売りにしているようなケースもあります。

    しかし、バーコードが生成できることは特別な機能ではありません。

     

    実は、エクセルだけでバーコードやQRコードの簡単にしかも無料で作成できます。

    自分でバーコードを作ることができるようになれば、自社仕様で自由なレイアウトでバーコード・QRコード付きの帳票を作成できます。

     

    たとえば、次のような帳票が作成できます。

    • 納品書
    • ピッキングリスト
    • 棚札
    • 生産指示書

    作成したバーコード・QRコードは、ハンディターミナルやバーコードリーダーで読み取れます。

     

    在庫管理の現場で使用される頻度が高くなっているバーコードとQRコードをエクセルだけで、しかもマクロを使わずに無料で手軽に作成(生成)する方法を解説します。(解説に使ったエクセルのバージョンは2019 MSO (バージョン 2206) 64 ビット、オフィス365も同じです)

    この記事で解説すること
    1. 【無料】QRコード、バーコードを作成するエクセルテンプレート
    2. エクセル(マクロを使わずに)によるバーコードやQRコードの作り方の手順
    3. 一度に大量に作るためのコツ
    4. 【事例】バーコード・QRコードの導入で大幅な効率化が実現できる
    5. バーコードリーダーの選び方
    6. 自作の際に陥りやすい「読み取れないバーコード」を作成しないための注意点
    7. バーコードとQRコードの特徴と選び方

    【無料】バーコード・QRコード作成エクセルテンプレート

    商品(部品)一覧表からQR(バーコード)付の表示が作成できる

    無料で、QRコード・バーコードを一括で作成できるエクセルテンプレートがダウンロードできます。

    ダウンロードできるエクセルテンプレートは、

    • マクロ(VBA)を使わずに関数だけで作成しています。
    • 在庫管理一覧表から在庫管理に必要なQRコード(バーコード)付の棚札に利用できる表示が一括で作成できます。

    マクロが使えなくても、簡単にレイアウト変更をして、自分たちで会社仕様にカスタマイズすることができます。

     

    目次

     

    在庫管理110番では、経験の有無を問わず、誰もが在庫管理を学べる機会を提供しています。

    詳しくは下記をクリック▼

       

    エクセルに「開発」タブを表示する

     

    エクセルのタブには標準で「開発」というタブが表示されていません。(既に表示されている場合は、飛ばして次に進んでください)

    なお、1回設定すれば、次回からは表示されるので毎回設定しなくても大丈夫です。

    まずはエクセルの「開発」タブを表示させます。

     

    1.エクセル起動後、「ファイル」タブをクリックします。

    バーコード記事画像1

    2.左下にある「オプション」をクリックします。

    3.「リボンのユーザー設定」をクリックし、「メインタブ」の中に、「開発」がありますのでチェックを入れます。

    これで、エクセルのタブの中に「開発」が表示されるようになります。

     

     

    エクセルシートにバーコードを貼り付ける

     

    「開発」タブを選択して、「挿入」から一番右下にある「コントロールの選択」をクリックします。

    コントロール選択ウィンドウが表示されます。表示されているコントロールの中から、「Microsoft BarCode Control 16.0」を選択し「OK」をクリックします。

    ※今回使用したエクセルの場合は、16.0でしたが、使用しているエクセルのバージョンにより異なる場合があります)

    選択すると、マウスカーソルが「+」に変わりますので、シート上にバーコードを貼り付けたい場所へドラッグします。

    (バーコードを貼り付けたい場所が決まっていない場合は、とりあえず大きく表示してみてください)

     

    表示すると下の画面のような「Sample」と大きく書かれたバーコードが出来上がります。

    これで、バーコードを作成できます。

    これでまだ完成ではありません。

    1. 使用したいバーコードの種類
    2. バーコードに埋め込む情報を設定します

     

     

    バーコードの種類と選定方法

    先にバーコードの種類について説明します。

    実は、バーコードには100種類程存在します。ここでは、代表的なバーコードを比較表でご紹介します。

    最も身近なのは、普通に売られている商品にあるJANコードと呼ばれているバーコードです。

    JANコード

    なお、JANコードは、作成は可能ですが商品に貼り付けたりして流通目的では使用できません。なぜなら、世界共通で使われているため、他の商品が同じバーコードになる危険性があるからです。 商品を一つに特定できるように、唯一のコードである必要があります。

     

    JANコードは、自由に作成することはできますが、一般財団法人流通システム開発センターに申請しなければ一般使用はできません。

    一般財団法人流通システム開発センター

     

    JANコードのように、バーコードの種類によっては業界などで共通して使われているものは、団体などが一括で管理をしている場合があります。勝手に使用できない可能性がありますので注意しましょう。

    このほかにもいろいろなものがあるので、代表的なものを比較表でご紹介します。

     

     

    バーコードの種類によって埋め込める情報量と種類が決まっている

    バーコードは埋め込める情報量と種類が決まっている。

    原則、半角文字のみで全角文字(ひらがな、カタカナ、漢字)はそのまま埋め込めません。

    そのほか、桁数と文字の種類が決まっています。

    • 文字の種類(英語のみ、数字のみ、記号)
    • 桁数(半角文字数)

    たとえば、身近なJANコードの場合、

    • 埋め込める文字の種類:数字のみ(0~9のみ)
    • 桁数:8桁(短縮タイプ)もしくは13桁(標準タイプ)

    となります。

    JANコードではなく自社オリジナルの商品コードや部品コードをバーコード化する場合は、

    自社の採番体系(使っている文字の種類と桁数)に応じて

    • 1234567890:10桁で数字のみ・・・NW-7、CODE39、CODE128が使用可能
    • ABCD1234567890:14桁でアルファベット大文字と数字が混在している場合・・・ CODE39、CODE128が使用可能
    • AbCd1234567890:14桁でアルファベット大文字と小文字、数字が混在している場合・・・CODE128が使用可能 ※CODE39は小文字が使えない。

    仮に業界で使われているバーコードが決まっているものがあれば合わせた方が良いです。(例:流通、小売業であればJANコードを使用するなど)

     

    製造業や卸売業など、比較的自由に番号が決められる場合は、CODE128にしておくのが無難です。

    ※理由:使える文字の種類が豊富で、桁数も比較的大きい。

     

    エクセルでのバーコード種類の設定方法

    使用するバーコードの種類を決めたら、先ほどシートに貼り付けたバーコード右クリックし「Microsoft BarCode Control 16.0のオブジェクト」からプロパティーをクリックします。

    「MICROSOFT BARCODE CONTROL 16.0のプロパティー」の一番上に「スタイル」という項目があり、作成したいバーコードの種類を選択し「OK」をクリックします。

    エクセルで作成できるバーコードの種類は次の通りです。(2024年2月現在)

    • UPC-A
    • UPC-E
    • JAN-13
    • JAN-8
    • Casecode
    • NW-7
    • CODE39
    • CODE128
    • U.S. Postnet
    • U.S. Postal FIM
    • カスタマバーコード
    • QRコード

    バーコードに埋め込む情報(入力値)を設定する

    次に、バーコードに埋め込む情報(コード:入力値)を設定します。

    ここで埋め込んだ情報がバーコードとして表示され、バーコードリーダーなどで読み取ることができるようになります。

    先ほど貼り付けたバーコードを右クリックして、「プロパティー」を開きます。

    バーコードに値を埋め込む方法は2つあります。

    1. 直接埋め込む
    2. セルの値を参照する

    直接埋め込む

    「value」プロパティーにバーコードの数値を入力します。

    (下の図の例では、下から3番目に「value」があります。)

    今回、「1234567890123」とコードを設定しました。

    これでバーコードの画像が完成です。バーコードスキャナやスマホのバーコード読み取りアプリなどで正しく読み取れるか確認してみてください。

    正しく読み取れると、「1234567890123」が画面に表示されるはずです。

    セルを参照して一度に大量のバーコードやQRコードを作成する

    直接埋め込む方法だと、毎回Valueを修正しないといけないため、フォーマットとして使いづらいです。

    そこで、「LinkedCell」を使って、セルの値を参照してバーコードを作成することもできます。

    「LinkedCell」で参照したセルの値を変えると、Valueの値が自動で変化します。

    セルの値を参照してバーコード化

    「value」プロパティーに参照したいセルの番地を入力します。

    今回、セルB5の「TEST001」のコードを設定しました。

    セルB5の値「TEST999」に変更してみます。

    セルの値を参照してバーコードを作成

    すると、TEST999のバーコードが作成されました。Valeの値もTEST999に自動で変更されています。

    セル参照について、注意点が1つあります。

    通常、エクセルだと参照したいセルを選択すれば、セルの値が自動入力できます。しかし、今回の場合は、手入力しなければいけません。

    今回、無料ダウンロードできるエクセルテンプレートは、シート「一覧」に記載した品目コードを自動で反映するように設定しています。

    エクセルでQRコード(二次元コード)を作成する

    バーコードと同じ方法でQRコードも作成できます。

     

    QRコードはバーコードよりも埋め込める情報量が圧倒的に多いです。(バーコードの約200倍!)

    また、小さなサイズで印刷できるのもQRコードの強みです。

     

    バーコード右クリックし「Microsoft BarCode Control 16.0のオブジェクト」からプロパティーをクリックします。

    「MICROSOFT BARCODE CONTROL 16.0のプロパティー」の一番上に「スタイル」という項目があります。

    その中から、「QRコード」を選択して「OK」をクリックします。

    QRコードに埋め込む情報の設定方法は、

    QRコードを作成する場合は、「4.バーコード埋め込む情報(入力値)を設定する」と全く同じです。

    下のQRコードを読みこむと、「1234567890123」が表示されます。

    これ以後の手順は、バーコードと全く同じです。

    ちなみに、バーコードは一次元コード、QRコードは二次元コードといいます。

     

    エクセル以外でバーコードを作成する方法

    ここまで、エクセルでバーコード・QRコードを作成する方法を解説しました。

    エクセル以外でも無料で作成する方法を2つご紹介します。

    1. バーコードフォントを利用する
    2. バーコード作成サイトを利用する

    エクセルにバーコードフォントをインストールしてバーコードを作成する

    先ほど紹介した方法では、一つ一つバーコードを作成する場合に有用な手段ではありますが、多量にバーコードを作成するには時間が掛かってしまいます。

    そこでバーコード用のフォントをダウンロードして、セル内にバーコードを表示することも可能です。

    (下の画面はCODE39フォントをインストールしてバーコードを表示しております)

    当方では在庫管理の実務において、このバーコードフォントを利用した棚卸リストを作成しました。手打ちで結果を打ち込むより格段に効率をアップできるようになりました。

     

    CODE39のバーコードフォントを無料で配布しています。下記よりダウンロードしてください。

     

    ※使用については自己責任でお願いします。

    バーコード作成サイトを利用する

    「バーコード、無料作成」と検索すれば、バーコードを無料で作成できるサイトがいくつも出てきます。

    ここでは、私が利用しやすそうなサイトを3つご紹介します。

    それぞれのサイトによって、作成できるバーコードの種類やできることが少しずつ違います。

    あなたの用途に合ったサイトをご利用ください。

     

    主な手順は、

    1. バーコード化したい文字を入力する(バーコードの種類によって入力できる文字の種類が異なります)
    2. バーコード化された画像をダウンロードする

    バーコードどころ

    バーコードどころ

    色々な種類のバーコードが作れるサイトです。

    シンプルで使いやすいサイトです。

     

    特徴

    • JANコード(標準/短縮)、ITFコード、CODE39、NW-7、QRコード、ISBN、郵便バーコード、UPCコード(UPC-A/UPC-E)、GS1-128、GS1データバー限定型に対応。
    • イラストレータで利用可能なベクトルデータ(PostScript)も無料で作成することができます。
    • 複数のコードを一気に作成できる。(バーコードは最大8個、QRコードは最大4個)

     

    QRのススメ

    QRのススメ

    QRコードを作成したい場合は、ぜひお勧めしたいサイトです。

    特徴

    • QRコードの作成に特化したサイトです。
    • 様々なQRコードの作成に対応しています。

    驚くほど様々なQRコードの作成が可能です。

    QRのススメ

     

     

    QRのススメ

    オンラインバーコードジェネレータ

    オンラインバーコードジェネレータ

    詳細設定ができます。QRコードには対応していないようです。

    特徴

    • 189種類のバーコード作成に対応
    • バーコードの設定を細かくできる
    • 一度に複数のバーコードを生成できる

     

    とても細かくバーコードの設定ができます。慣れていない人にはちょっとわかりづらいかもしれません。。

    オンラインバーコードジェネレータ

     

     

    オンラインバーコードジェネレータ

    棚札やリストを自由なレイアウトで作成できる

    エクセル以外で作成する方法をご紹介しました。

    しかし、札にコード以外に必要な情報を盛り込めなかったり、サイズが制限されたりと、意外と歯がゆい思いをします。

    バーコードを作るだけならインターネットが簡単で良いですが、バーコードを生かして棚札やリストを使いたい場合は、エクセルで作成すれば、必要な情報を自由なレイアウトで盛り込めます。

    エクセルで作成したバーコードを活用した棚札やリスト

    例えば、棚札や荷札、リスト、発注書なども自由に作成できます。

    また、ラベルシールなどを使えば、自社オリジナルの棚札をシールで作成することもできます。(参考:ラベルシール

    【導入事例】バーコード・QRコードの導入で効率化と作業精度を向上

    バーコード・QRコード管理の導入で解決した課題事例と導入メリットを2つ紹介いたします。

     

    事例1:繁忙なため、事務所での入出庫履歴登録がおろそかになってしまう

    【状況】

    在庫管理の現場では入庫や出庫作業が頻繁に行われ、その履歴を在庫管理システムに記録していきます。しかし、パソコンのある事務所と現場の往復が発生することから、その記録作業がおろそかになってしまうことが頻繁に発生しておりました。

    作業を終えてから入力作業を開始することは、在庫量の反映にもタイムラグが生じ、在庫量以上の受注を受けてしまう、反対に在庫がないと判断して受注を逃してしまう可能性も出てきてしまいます。

    【バーコード・QRコード導入後のメリット】

    バーコードを読み込む方法であれば、入出庫の作業現場で作業員に負荷なく正確でスピーディなデータ入力が可能となります。また入出庫作業だけに留まらず、棚卸し作業においても現品を確認しながら結果を登録できることから、効率的に進めることも可能です。

    事例2:登録用のパソコンが1台しかなく、登録に時間が掛かる

    【状況】

    入出庫状況を、現場にある登録用の一台のパソコンからそれぞれの担当分を入力していた。このことから、作業員毎に順番に入力する必要があり作業員の待ち時間が発生、さらに全員の入力が終わるまで入庫状況を確認できない状況でありました。

    【バーコード・QRコードの導入後のメリット】

    そこで入庫・出庫作業者にハンディターミナルを用意し、入出庫伝票に印刷したバーコードを読み取ることで、その場で商品の確認と入力作業が終わるようにしました。ハンディターミナルでバーコードを読み取る方法であれば、パソコンが一台しかなくても同時にシステムへの入力が可能になり、入庫状況をリアルタイムに把握することもできます。

     

    バーコード・QRコードを在庫管理で活用するための読み取り機器

    実際にバーコードやQRコードを在庫管理で活用するためには読み取る機器が必要です。

    代表的な機器をご紹介します。

    • バーコードリーダー(スーパーのレジにあるようなもの、バーコードやQRコードの読み取りができるだけ。)
    • ハンディターミナル(画面があり、読み取り内容の表示や入力ができる)
    • スマートフォン(スマートフォンをハンディーターミナルの代わりにすることも可能)

    があります。

    バーコード・QRコードを読み取る機器を準備する他にも、読み取ったバーコードに商品名を書き込むプログラムや、バーコードの作成を行う必要があります。

    バーコードリーダーの選び方

    バーコードリーダーには商品によりそれぞれ特徴があります。在庫管理で使用する際の環境やバーコードの種類により選び方が変わってきますので、良く検討し選択する必要があります。

    どのバーコードリーダーを選べば良いのか、お困りの場合には、弊社の在庫管理無料相談までお問い合わせください。在庫管理の実情ヒアリングさせて頂き、おすすめのバーコードリーダーをご案内いたします。

    QRコードを読み取りたい時の注意点

    リーダーの中には、バーコードしか読めないものもあります。QRコードを読み取ろうと思って、読み取り機を買ったのに読み取れない・・・

    ということがないようにしてください。

    「2次元コード(QR code対応」というものを選択してください。(ちなみにバーコードは「一次元コード」)と言います。

    大抵の場合は、「2次元コード対応!」と表示してあるので、仕様を見なくても分かりますが、何も書いていない場合は

    読み取り機の仕様の中の「読取可能コード」をご覧ください。

    QRコード読み取りの対応を確認する

    どうしてもわからない場合は、お問合せしてください。

    ちなみに、2次元コード(QRコード)対応のものは、ほぼ間違いなく1次元コード(バーコード)にも対応していますのでご安心ください。

    また、2次元コード(QRコード)対応の読み取り機の価格は、1次元コード(バーコード)のみ対応しているものよりも数千円高価です。

     

    QRコードとバーコードに迷ったらQRコードを採用した方が良い

    バーコードとQRコード、どちらを選んだらよいか、迷いませんか?

    結論から言うと、特に制約がなければQRコードを選んだ方が良いです。

    なぜなら、QRコードはバーコードの弱点を克服するために開発されたものだからです。

    荷札や部品棚に貼る棚札などに印刷する場合も、QRコードの方がコンパクトに収めることができるので、札のサイズや表示したい情報のレイアウトがやりやすくなります。

    バーコードのデメリット

    1. 桁数が長くなればなるほど、コード自体が長くなり印字スペースが必要になる
    2. コードが一部でも汚れやカスれがあると読み取れなくなる場合がある
    3. バーコードは鮮明な印字が必要で、プリンタの性能が低い(解像度が小さい)、小さいサイズの印刷だと読み取れないバーコードになることがある
    4. 埋め込める情報量は英語、数字、記号に限られる

    QRコードは、バーコードの持つこれらのデメリットを全て克服できます。

    QRコードのメリット

    1. 桁数が長くなっても、QRコード自体のサイズを小さく維持できる(データが2次元(タテ・ヨコ)で保存されるので)
    2. コードが一部汚れたり、かすれたりしても読み取れる場合が多い
    3. プリンタの性能が低くても比較的読み取れるQRコードを作成できる
    4. バーコードの100倍以上の情報を埋め込める(例えば、スマホで読み取るURLなどの大きな情報でも作成可能です)

    また、QRコードはほとんどのスマートフォンの標準カメラで読み取り可能ですが、バーコードは読み取れません。

    (専用アプリをインストールすれば、カメラでバーコード読み取り可能になります)

     

    エクセルで自作したバーコードは読み取れないことがある

    エクセルで作成したバーコードが読み取れないことがあります。

    その原因は主に4つあります。

    1. 作成したバーコード自体に問題がある
    2. チェックデジットが無い
    3. バーコードが小さすぎる
    4. 読み取り機の性能

    作成したバーコード自体に問題がある

    バーコードは、「見た目」がバーコードらくしくなっているだけではいけません。

    バーコード自体が備えていなければいけない要素とルールがあります。

    バーコードの要素とルール

     

    バーコードの要素は、黒いバー(細い・太い)とスペース(狭い・広い)の組み合わせだけではなく、バーコード前後の余白とバーコードの高さがあります。

    それぞれに次のような条件があります。

    • バーコード前後の余白(クワイエットゾーン):細いバーの10倍以上必要。
    • バーコードの高さ:バーコードの長さ(余白を含む)の15%以上必要。
    • 色に問題がある。

    バーコードの種類によって多少の違いはありますが、もし作成したバーコードが読み取れない場合は、上記を目安として作成してみると良いでしょう。

    読み取りにくいバーコード(バーコード背景)の色

    充分な余白(クワイエットゾーン)やバーコードの高さがあっても読み取れない場合があります。

    バーコードリーダーは、発した光の吸収と反射で、コードを認識しています。バーコードリーダーが発する光の色は通常「赤色」なので、赤色を反射しやすい色でなくてはいけません。

    • 余白(クワイエットゾーン)は、赤色を反射しやすい色にすること。(白や黄色等ですが、特に制限が無ければ、白色をお勧めします)
    • バーコードの色は赤色を吸収しやすい色にすること。(黒、濃紺等ですが、特に制限が無ければ、黒色をお勧めします)
    • バーコードの背景色(バーコードを印字するもの)は、光の反射が少ないもの。(金属や銀色等は避けた方が良いです)

    チェックデジットが無い

    チェックデジットとは、「記述したバーコードに誤りがないかを自動的にチェックするための数字」です。人間には意味のないものですが、システムにとっては重要な意味があります。

    バーコードのチェックデジットは、バーコードの最初(スタートキャラクタ)・バーコードの最後(ストップキャラクタ)の2つがあります。

    今回ご紹介したバーコードフォントを使ってバーコードを作成する際には、表示したい文字列の最初と最後にスタートキャラクタとストップキャラクタを付ける必要があります。

    • CODE39:スタートキャラクタとストップキャラクタは、「*」です。例えば、12345をCODE39でバーコード化する場合は、「*12345*」と記載しなければいけません。
    • CODE128:チェックデジットの設定不要(自動付与)

    バーコードが小さすぎる(プリンタの性能)

    バーコードは先ほどの要素とルールを整えたものであったとしても印刷したバーコードが小さすぎると、黒いバーとスペースの幅が不明瞭になり、

    読み取り機で認識できなくなります。こうなってしまう原因は、プリンタの性能によるところが大きいです。

    私も実験してみましたが、家庭用のインクジェットプリンタで作成したバーコードは読み取れないことが多いようです。

    これを回避するために、一番良いのはバーコードの印刷サイズを大きくすることです。

    しかし、貼付け面の制約によって、どうしても小さなバーコードにしたい場合は、バーコード専用のプリンタ「バーコードプリンタ」を用意するのが良いです。

    バーコードプリンタには様々なタイプがあります。

    • 機材のタイプ:据え置き型、ハンディ型(ハンディタイプの場合は、防じん、防水などもある)
    • 印刷方式:感熱式、インクジェット式
    • 印刷用紙:専用紙、普通紙、その他素材

    どこで使うか、どのようなものに印字するかなどによって、自社に適切なものを選択しましょう。

    在庫管理110番では、使用環境、印刷面にあったバーコードプリンタの選定をご提案できます。

    バーコードリーダー(端末)の性能

    バーコードに問題が無くても、バーコードリーダー(ハンディターミナル)の性能のため、読み取れないこともあります。

    主に2つの原因が考えられます。

    • そもそもバーコードリーダーが作成したバーコードに対応していない
    • 読み取り性能(デコード)の差

    読み取り性能(デコード性能)の差によって読み取れないことがある

    バーコードリーダーやハンディターミナルのバーコードの読み取り性能(デコード性能)に差があります。

    デコード性能が低いと、

    • 誤読(読み取ったデータを別の物と認識してしまう)
    • 読み取りにくい
    • 読めない

    ということが起こります。

    バーコードリーダーはバーコードを読み取った後、機器内で正しい状態に戻す「バーコード補正」を行っています。

    例えば、次のような場合、バーコード補正をリーダーの中で行っています。

    補正(デコード)が必要なバーコード

    • 傾き
    • 薄い
    • 欠け
    • にじみ
    • 汚れ

    上記のような状態のバーコードの場合、リーダーがバーコード補正で処理していますが、処理能力の問題で、

    • 読み取れるバーコードが限定されてしまう(補正条件が厳しい)
    • 読み取ったバーコードが違う値になってしまう(補正条件が緩い)

    といったことが起こります。

     

    この問題には私も実務の中で経験したことがあります。

    会社の棚卸で複数機種のバーコードリーダーを用意して、その中の一部で読み取りができるかどうかをテストし、読み取れたため

    テスト終了としました。しかし、当日になって印字が薄いバーコードが読み取れないリーダーがたくさんあることが分かり、作業が一時ストップ。

    調べてみると、私がテストしたものと違う機種で問題が発生していることが発覚。慌てて、その機種を棚卸当日の使用から外したことです。

    バーコードリーダーで読み取りできないQRコード

    QRコードも読み取れない場合があります。

    1. QRコードが小さすぎる
    2. QRコードの上に画像などがあり、大半が隠れている(バーコードの欠け、汚れに相当)

    しかし、バーコードに比べると欠けや汚れにも強いです。

    家庭用インクジェットプリンタで、様々な大きさのQRコードを作って、読み取り可能かどうかを確かめましたが、明らかにバーコードよりも許容範囲は広かったです。

    印刷精度もバーコードより粗めでも大丈夫ということでしょう。

    ということは、ラベルプリンタのような専用印刷機でなくても、オフィスの複合機や家庭用のインクジェットプリンタでも作成可能ということです。

    【無料配布】エクセルでQRコード・バーコード一括生成フォーマット

    エクセルでQR・バーコードを一括作成

    今回ご紹介した方法を使って、QRコードやバーコードを一括で生成するエクセルフォーマットを作成しました。

    無料でダウンロードできます。自分で作る前に、ちょっとお試しで使ってみたい・・・という場合もぜひご活用してください。

    こちらのページからお申込みできます。

    ↓↓↓

    【無料】QRコード・バーコードを生成できるエクセルテンプレート

     

    在庫管理のシステム化考えてみませんか?お悩みの無料相談実施中です

    今回、バーコード・QRコードをエクセルで無料で作成する方法をお伝えしました。

    バーコードを導入するタイミングで、一緒に考えていただきたいのが、在庫管理システムの導入です。

    在庫管理110番では、IT導入補助金を活用して導入できる「成長する在庫管理システム」を提供しています。

    在庫管理の専門家が監修した、現場の課題を解決できる在庫管理の決定版です。

    実務を知る専門家の目線から作っていますので、自社に必要な機能だけを持つシンプルで使いやすいシステムをご提供できます

    成長する在庫管理システム

    成長する在庫管理システムの詳細はこちら

     

    併せて読みたい!Excel関連記事はこちら

     
     

    お問い合わせはこちら