第5次申請分(申請締切日9/5)受付中。※第4次(8月8日締め切り分)のご応募は受付終了しました。

エクセルでバーコード(QRコード)を作る方法

今回は、在庫管理の現場で使用される頻度が高くなっている「バーコード(QRコード)」を無料で手軽に作成する方法を解説します。(解説に使ったエクセルのバージョンは2019 MSO (バージョン 2206) 64 ビット、オフィス365も同じです)

実はバーコードは専用のソフトが無くても皆さんのパソコンに入っているエクセルで作成できます。

最後に、バーコードを導入すればどんなことが効率化できるのか?ということも簡単に解説します。

1.エクセルに「開発」タブを表示する

エクセルのタブには標準で「開発」というタブが表示されていません。(既に表示されている場合は、飛ばして次に進んでください)

なお、1回設定すれば、次回からは表示されるので毎回設定しなくても大丈夫です。

 

まずはエクセルの「開発」タブを表示させます。

 

1.エクセル起動後、「ファイル」タブをクリックします。

バーコード記事画像1

2.左下にある「オプション」をクリックします。

3.「リボンのユーザー設定」をクリックし、「メインタブ」の中に、「開発」がありますのでチェックを入れます。

これで、エクセルのタブの中に「開発」が表示されるようになります。

 

 

2.エクセルシートにバーコードを貼り付ける

「開発」タブを選択して、「挿入」から一番右下にある「コントロールの選択」をクリックします。

コントロール選択ウィンドウが表示されます。表示されているコントロールの中から、「Microsoft BarCode Control 16.0」を選択し「OK」をクリックします。

※今回使用したエクセルの場合は、16.0でしたが、使用しているエクセルのバージョンにより異なる場合があります)

選択すると、マウスカーソルが「+」に変わりますので、シート上にバーコードを貼り付けたい場所へドラッグします。

(バーコードを貼り付けたい場所が決まっていない場合は、とりあえず大きく表示してみてください)

 

表示すると下の画面のような「Sample」と大きく書かれたバーコードが出来上がります。

これで、バーコードを作成することができます。

これでまだ完成ではありません。

  1. 使用したいバーコードの種類
  2. バーコードに埋め込む情報を設定します

 

3.バーコード種類を設定する

先にバーコードの種類について説明します。

実は、バーコードには100種類程存在します。ここでは、代表的なバーコードを比較表でご紹介します。

最も身近なのは、普通に売られている商品にあるJANコードと呼ばれているバーコードです。

JANコード

このほかにもいろいろなものがあるので、代表的なものを比較表でご紹介します。

3-1.バーコード種類の選択方法

バーコードの種類の選択の仕方の基準としては、商品(部品)番号やロット番号の体系に合わせて選びます。

例えば、自社の商品番号が、

  • 1234567890:10桁で数字のみ・・・NW-7、CODE39、CODE128が使用可能
  • ABCD1234567890:14桁でアルファベット大文字と数字が混在している場合・・・ CODE39、CODE128が使用可能
  • AbCd1234567890:14桁でアルファベット大文字と小文字、数字が混在している場合・・・CODE128が使用可能

 

仮に業界で使われているバーコードが決まっているものがあれば合わせた方が良いです。(例:流通、小売業であればJANコードを使用する等)

製造業や卸売業等比較的自由に番号が決められる場合は、CODE39やCODE128にしておくのが無難です。

(もし、NW-7を選んでしまうと、数字しか使えなくなってしまいます。)

 

.エクセルでのバーコード種類の設定方法

使用するバーコードの種類を決めたら、先ほどシートに貼り付けたバーコード右クリックし「Microsoft BarCode Control 16.0のオブジェクト」からプロパティをクリックします。

「MICROSOFT BARCODE CONTROL 16.0のプロパティ」の一番上に「スタイル」という項目があり、作成したいバーコードの種類を選択し「OK」をクリックします。

4.バーコードに埋め込む情報(入力値)を設定する

次に、バーコードに埋め込む情報(コード:入力値)を設定します。

ここで埋め込んだ情報がバーコードとして表示され、バーコードリーダー等で読み取ることができるようになります。

 

先ほど貼り付けたバーコードを右クリックして、「プロパティ」を開きます。

「value」プロパティにバーコードの数値を入力します。

(下の図の例では、下から3番目に「value」があります。)

今回、「1234567890123」とコードを設定しました。

これでバーコードの画像が完成です。バーコードスキャナやスマホのバーコード読み取りアプリなどで正しく読み取れるか確認してみてください。

正しく読み取れると、「1234567890123」が画面に表示されるはずです。

5.QRコードを作成する

バーコードと同じ方法でQRコードも作成できます。バーコード右クリックし「Microsoft BarCode Control 16.0のオブジェクト」からプロパティをクリックします。

「MICROSOFT BARCODE CONTROL 16.0のプロパティ」の一番上に「スタイル」という項目があります。

その中から、「QRコード」を選択して「OK」をクリックします。

QRコードに埋め込む情報の設定方法は、

QRコードを作成する場合は、「4.バーコード埋め込む情報(入力値)を設定する」と全く同じです。

下のQRコードを読みこむと、「1234567890123」が表示されます。

6.バーコードフォントをインストールしてエクセルで作成する

先ほど紹介した方法では、一つ一つバーコードを作成する場合に有用な手段ではありますが、多量にバーコードを作成するには時間が掛かってしまいます。

そこでバーコード用のフォントをダウンロードして、セル内にバーコードを表示することも可能です。

(下の画面はCODE39フォントをインストールしてバーコードを表示しております)

当方では在庫管理の実務に於いて、このバーコードフォントを利用した棚卸リストを作成致しました。手打ちで結果を打ち込むより格段に効率をアップすることが出来るようになりました。

CODE39のバーコードフォントを無料で配布しています。下記よりダウンロードしてください。

※使用については自己責任でお願いします。

7.エクセルを使って必要な情報を盛り込んだ自由に棚札、バーコード付きリストを作成

クラウドシステムなどでバーコードやQRコードを生成できる機能を持っているものもあります。

しかし、札にコード以外に必要な情報を盛り込めなかったり、サイズが制限されたりと、意外と歯がゆい思いをすることがあります。

エクセルで作成すれば、自由なレイアウトで、必要な情報を盛り込めます。

エクセルで作成したバーコードを活用した棚札やリスト

例えば、棚札や荷札、リスト、発注書なども自由に作成できます。

また、ラベルシールなどを使えば、自社オリジナルラベルも作成可能です。(参考:ラベルシール

 

 

8.在庫管理にバーコードを導入すると解決できる課題事例と導入メリット

バーコード管理にて課題解決を図った課題事例と導入メリットを2つ紹介いたします。

事例1:繁忙な為、事務所での入出庫履歴登録が疎かになってしまう

【状況】

在庫管理の現場では入庫や出庫作業が頻繁に行われ、その履歴を在庫管理システムに記録していきます。しかし、パソコンのある事務所と現場の往復が発生することから、その記録作業がおろそかになってしまうことが頻繁に発生しておりました。

作業を終えてから入力作業を開始することは、在庫量の反映にもタイムラグが生じ、在庫量以上の受注を受けてしまう、反対に在庫が無いと判断して受注を逃してしまう可能性も出てきてしまいます。

【バーコード導入メリット】

バーコードを読み込む方法であれば、入出庫の作業現場で作業員に負荷なく正確でスピーディなデータ入力が可能となります。また入出庫作業だけに留まらず、棚卸し作業においても現品を確認しながら結果を登録することが出来ることから効率的に進めることも可能です。

事例2:登録用のパソコンが1台しか無く、登録に時間が掛かる

【状況】

入出庫状況を、現場にある登録用の一台のパソコンからそれぞれの担当分を入力していた。このことから、作業員毎に順番に入力する必要があり作業員の待ち時間が発生、さらに全員の入力が終わるまで入庫状況を確認することができない状況でありました。

【導入事例】

そこで入庫・出庫作業者にハンディターミナルを用意し、入出庫伝票に印刷したバーコードを読み取ることで、その場で商品の確認と入力作業が終わるようにしました。ハンディターミナルでバーコードを読み取る方法であれば、パソコンが一台しかなくても同時にシステムへの入力が可能になり、入庫状況をリアルタイムに把握することもできます。

 

9.バーコードを在庫管理で活用するための読み取り機器

実際にバーコードを在庫管理で活用する為には読み取る機器が必要です。

代表的な機器としては、

  • バーコードリーダー(スーパーのレジにあるようなもの、バーコードやQRコードの読み取りができるだけ。)
  • ハンディターミナル(画面があり、読み取り内容の表示や入力ができる)
  • スマートフォン(スマートフォンをハンディーターミナルの代わりにすることも可能)

があります。

バーコードを読み取る機器を準備する他にも、読み取ったバーコードに商品名を書き込むプログラムや、バーコードの作成を行う必要があります。

 

バーコードリーダーの選び方

バーコードリーダーには商品によりそれぞれ特徴があります。在庫管理で使用する際の環境やバーコードの種類により選び方が変わってきますので、良く検討し選択する必要があります。

どのバーコードリーダーを選べば良いのか、お困りの場合には、弊社の在庫管理無料相談までお問い合わせください。在庫管理の実情ヒアリングさせて頂き、おすすめのバーコードリーダーをご案内いたします。

10.QRコードとバーコード、どちらが良いか?

バーコードとQRコード、どちらを選んだらよいか、迷いませんか?

一言で違いを言えば、QRコードはバーコードの弱点を克服したバーコードの進化版と思えばわかりやすいです。

バーコードのデメリット

  1. 桁数が長くなればなるほど、コード自体が長くなり印字スペースが必要になる
  2. コードが一部でも汚れやカスれがあると読み取れなくなる場合がある
  3. バーコードは鮮明な印字が必要で、プリンタの性能が低い(解像度が小さい)、小さいサイズの印刷だと読み取れないバーコードになることがある
  4. 埋め込める情報量は英語、数字、記号に限られる

QRコードは、バーコードの持つこれらのデメリットを克服できます。

QRコードのメリット

  1. 桁数が長くなっても、QRコード自体のサイズを小さく維持できる(データが2次元(タテ・ヨコ)で保存されるので)
  2. コードが一部汚れたり、かすれたりしても読み取れる場合が多い
  3. プリンタの性能が低くても比較的読み取れるQRコードを作成できる
  4. バーコードの100倍以上の情報を埋め込める(例えば、スマホで読み取るURL等の大きな情報でも作成可能です)

 

特に制限がないのであれば、QRコードをお勧めします。

荷札や部品棚に貼る棚札などに印刷する場合も、QRコードの方がコンパクトに収めることができるので、札のサイズや表示したい情報のレイアウトがやりやすくなります。

11.在庫管理の無料相談実施中です

バーコードやQRコードを使って、在庫管理の効率化をしたい、ミスなく誰でもできる在庫管理の仕組みを作りたい、、、

その他、在庫管理に関するご相談であれば、なんでもお気軽にお問い合わせください。

 

【無料】在庫管理個別相談受付中

併せて読みたい!Excel関連記事はこちら