在庫は法律上、「棚卸資産」として計上されます。

したがって会社にとっても、税金を徴収する国にとっても大切な存在です。

「実地棚卸」は、棚卸資産を確定させるためにとても大切な作業です。

法的には、数量の確定だけで十分ですが、会社としては、それだけで終わらせるのはとても勿体ないです。

棚卸をやることで、在庫管理の問題点が浮き彫りになります。

  • あるはず物もが見つからない
  • 無いと思っていたものがあった
  • 保管していた材料が破損している
  • 倉庫に雨漏りがあった
  • 間違って仕入れたものが大量に残っている
  • 現場でミスした不良品が処理されずたくさんあった
  • 材料の置き場が悪く、劣化が進んでいた

など、よくある事例を挙げるだでけもキリがありません。

普段見えないもの、見る機会が無いものが見えるのが「棚卸」です。

棚卸を問題のあぶり出し、改善の機会と捉えて前向きに取り組みましょう。

「在庫管理110番」では、棚卸に関する豊富なソリューションを提供しています。

棚卸しで失敗しないために

現品管理のテクニック

棚卸しは段取りが全てです。
特に日頃の現品管理の状況が棚卸しの成否を大きく分けます。

棚卸にシステムを導入する

棚卸にかかる手間を、大幅に削減したい方は、「在庫管理システム」を導入するのも1つの手段です。棚卸しに時間をかけるということは、生産性を低下させる要因にもなります。在庫管理システムを使えば、過剰在庫・滞留在庫が自動で察知できます。資金繰りを良くするために活用できるほか、作業におけるムダやミスがなくなります。

近年では、最新のIoT技術を使って在庫管理ができます。正確な在庫管理ができるようになり、かつ棚卸しの作業そのものが不要になります。

「在庫管理110番」では、在庫管理システムの導入実績もあるので、ご興味がある方は一度、ご相談ください。

【関連記事】

棚卸しのコンテンツ

その他コンテンツを見る

「在庫管理110番」のその他のコンテンツはこちらです。

在庫管理の知識

在庫管理110番の紹介

在庫を減らしたい経営者、在庫を減らせと言われた担当者へ

在庫削減・適正在庫を実現するためには、基礎がとても重要です。
実践すれば90日以内に改善効果を実感できます。
在庫に悩んでいる方にお勧めです。

在庫管理の教科書