棚卸の基本が学べるノウハウをまとめました


在庫は法律上、「棚卸資産」として計上されます。

したがって会社にとっても、税金を徴収する国にとっても大切な存在です。

「実地棚卸」は、棚卸資産を確定させるためにとても大切な作業です。

法的には、数量の確定だけで十分ですが、会社としては、それだけで終わらせるのはとても勿体ないです。

棚卸は在庫管理の健全性を測るバロメーター

棚卸をやることで、日々の在庫管理の問題点が浮き彫りになります。

  • あるはず物もが見つからない
  • 無いと思っていたものがあった
  • 保管していた材料が破損している
  • 倉庫に雨漏りがあった
  • 間違って仕入れたものが大量に残っている
  • 現場でミスした不良品が処理されずたくさんあった
  • 材料の置き場が悪く、劣化が進んでいた

など、よくある事例を挙げるだでけもキリがありません。

棚卸だから起こっている問題ではなく、日常的に起こっている問題を棚卸をすることで再確認できます。

普段見えないもの、見る機会が無いものが見えるのが「棚卸」です。棚卸は大変で面倒です。

しかし、やるからには改善の機会と捉えて前向きに取り組みましょう。

「在庫管理110番」では、棚卸に関する豊富なソリューションを提供しています。

棚卸しで失敗しないために

棚卸しで失敗しないために在庫管理アドバイザーが書き下ろした在庫管理の教科書02

棚卸しは段取りが全てです。
特に日頃の現品管理の状況が棚卸しの成否を大きく分けます。

棚卸改善の基本を学ぶ

在庫管理110番では、経験の有無を問わず、誰もが棚卸改善を学べる機会を提供しています。

提供するのは実務経験が豊富な在庫管理アドバイザーです。

直接アドバイザーから効率よく学びたい方は「セミナー」、独自で好きなタイミングで勉強したいという方は「教科書」がおすすめです。

Inventory-Improvement-Seminar   

棚卸にシステムを導入する

棚卸にかかる手間を、大幅に削減したい方は、「在庫管理システム」を導入するのも1つの手段です。棚卸しに時間をかけるということは、生産性を低下させる要因にもなります。在庫管理システムを使えば、過剰在庫・滞留在庫が自動で察知できます。資金繰りを良くするために活用できるほか、作業におけるムダやミスがなくなります。

近年では、最新のIoT技術を使って在庫管理ができます。正確な在庫管理ができるようになり、かつ棚卸しの作業そのものが不要になります。

「在庫管理110番」では、在庫管理システムの導入実績もあるので、ご興味がある方は一度、ご相談ください。

【関連記事】

棚卸しのノウハウ 

その他コンテンツを見る

「在庫管理110番」のその他のコンテンツはこちらです。

在庫管理の知識

棚卸について在庫管理アドバイザーに相談する

棚卸の差異が全然減らない、棚卸しに時間がかかっているなど、棚卸しの関するお悩みならお任せください。

在庫管理アドバイザーに直接相談してみませんか?

棚卸しシステムの導入なら「在庫管理110番」にお任せください

    在庫管理の専門家です!コンサルティング、教育・研修、システム導入・支援はお任せください

    会社名

    瀬戸内scm株式会社

    資本金

    100万円

    代表取締役

    岡本 茂靖 (在庫管理アドバイザー、日本物流学会理事)
    ※岡本の講演・寄稿等の実績はこちら

    設立

    2019年9月4日(創業 2015年12月1日)

    本店

    〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目36−1 INFINITY IKEBUKURO 6F

    相生事務所

    〒678-0052 兵庫県相生市大島町8-12

    連絡先

    お問い合わせフォームはこちら

    メールアドレス

    ask@shikumika.com

    事業内容

    【在庫管理部門】

    【マーケティング部門】

    • 中小製造・卸売業専門のウェブサイト制作

    • ウェブマーケティングコンサルティング

    ◆サービス一覧はこちら◆

    所属団体

    日本物流学会 日本マテリアルハンドリング協会 日本ロジスティクスシステム協会

    アイチ士業ネットワーク 名古屋商工会議所 東京商工会議所

    URL

    https://shikumika.com/

    法人番号

    5180001138057

    登録番号

    T5180001138057

    在庫管理のことなら何でもお任せ!!

    お問い合わせはこちら